Mizuho's Diary

~MTB、山登り、Snowboad、いろんなことにチャレンジ!記憶を記録するブログ~

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 私のベース

名古屋に行って来ました。
だけど、世界の山ちゃんには行けず(涙)遅れて参加の私は、ひつまぶしも食せず。
商業地に宿泊したため、赤字覚悟か!?というモーニングにもありつけず。
名古屋名物食べないで、あんた何しに行ったんだー?というと。

バスケットボールです。
そうです、私バスケットマン(ん、ウーマン?)なんですよ!
小学生時代体力なくていじめられっ子だった私を変えてくれたのが、バスケットだった。それまでは、マラソン大会ではいつもブービー争いしてたし、おまけに倒れて運ばれたりしてた(らしい)。小→中→高とバスケットマン街道を歩み続けて、私はずっとバスケットをやっていくに違いない!と思っていたんだけど、高1の時にあっさりやめてしまった。けがをしてしまったし、指導者とどうしても合わなかったんだな。実はバスケしか知らなかった私はやめることについてぐちぐち悩んでいたけど、当時クラスメイトだったヒデが「バスケはやろうと思えばいつでもできるぜ」 とあの口っぷり。それがきっかけで思い切ったんだった。ははは。

まあ、そんなこんなで物心ついたら(?)山登りやオリエンテーリングなんぞやっていて、アドベンチャーレース仲間と知り合ったわけですね。バスケットをまた始めたのは、このBLOODSのメンバーと合コンした数年前。10年近くボールに触ってなかったけど、学生の頃のような厳しい練習じゃなければ、と参加したのが始まり。本当にヒデの言った通りになったなぁ。以後数年経っても私の練習参加回数は数えられる程度だけど(大月に来てからは3回!)、年1回BLOODSが参加している大会に今年はレディースチームでエントリーするというので、名古屋まではるばる行ったわけ。

レディース 寄せ集めだったけど頑張った
老若男女?の参加メンバー
とってもよい会場で試合できた
空調バッチリ、あゆもコンサートしたという日本ガイシホール

photo by べーやん Thanks!!
バッシュが古かったけど体育館がよかったので何とかなった。ユニホームもメンズを借りたのでピチピチじゃなくてよかった。メンバーも8人集まり交代要員がいてよかった。試合時間が短くなって30分になったのでよかった。・・・ただ、シュートが入らなかった。足が動かずファウルを多発してしまった。ダッシュすると血を吐きそうだった。
そりゃ、そうだよな。今持ってる持久系体力と、技術は昔の貯金を崩してやっているんだから。明らかに練習不足なんだけど、負けず嫌いが故に負けると異常に悔しい!それに、バスケット私やっぱり好きだ。青春時代のスピリットは気づかなくても自分の血肉となっているものなんだな~。

一緒に大会に出たBLOODSのみんな、お疲れ様でした。

*ちなみに、BLOODSっていうチーム名は医療関係者が多いからで、決して血の気が多いからじゃありません。
スポンサーサイト

 体に悪い!!

「アウトドアな人」と思われているけど、実は小学生の頃からバスケットをやっていて、その頃は「私はこの先ずっとバスケットをやっていくんだなー」と思っていた程入れ込んでいた。日に焼けるなんて無縁の生活だった。

そんなことを思っていても、やめる時は実にアッサリ。10年近くブランクがあって仲間ができてまたやりだしたのが数年前。週末の遊びに全エネルギーをつぎ込んでしまい、平日極力省エネで生きるようになってしまってからしばらくご無沙汰だった練習に久々に参加した。
F1030033.jpg


ゼェ、ゼェ、ゼェ。
息ができない。ホントに苦しい。足もピクピク。腕もプルプル。
心臓に思いっきり負担がかかってるのがわかる。メチャクチャ体に悪いよ!
みんなよくやってるなー。50歳近い人も元気に走り回ってる。
私はといえば、シュート全然届かない、ドリブルもおぼつかない。人間とはまさに忘却の生き物ということ身をもって実感。
「継続は力なり」
わかっていてもなかなか・・・。ボールが鉛のように重く感じる29歳の冬。




 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。