Mizuho's Diary

~MTB、山登り、Snowboad、いろんなことにチャレンジ!記憶を記録するブログ~

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 最近読んだ本

日本の登山家が愛したルート50
「岳人」編集部編 2006年4月初版
岳人誌上で行われたリレー連載「マイフェイバリットルート」をまとめたもの。
50人の登山家がお気に入りのルートを紹介していて、①日本国内であること、②誰も知らない山やルートではないこと、③自分が初登したルートではないこと、が条件らしいけど、残念ながら(?)私は全てのルート未踏だった。山自体は行ったことはあっても。フリークライミング編で13人中6人が瑞牆山を挙げていたのが嬉しかったな。実家もちらっと紹介されてたし。なぜ、私はクライミングやらないのでしょう?わざわざ遠くの雪山やMTB乗りに出かけて行って。まあ、向き不向きがあるからね。あと何人かが書いていたけど、山とも「出会い」のタイミングが大事!!


20070222234130.jpg
サバイバル登山家
服部文祥 みすず書房2006年6月初版
最初に表紙に度肝を抜かれたけど、中身のサバイバル登山にもっと驚いた。が、だんだん慣れてすいすい読めた。私は便利な登山から抜け出せないけど、生活術のアイデアはなるほど!と思うこと多々あり。今後の参考にしようと思った。命がけのことをサラッとした文章で書いているので、読み飛ばしてしまって「あれっ?今のって・・・」と戻ることしばしば。何より一番の衝撃がこの方に奥さんと子供(3人も!)がいることだった(笑)。すごいなー、奥さん。←最後にここに落ち着いた。
スポンサーサイト

 Drop in!!

20070214004731.jpg
rider:ヒコマサ
裾野に広がる雪原を臨みながら八甲田・雛岳山頂よりドロップ!
イエーィ

*14日に八甲田・前嶽付近で雪崩が発生して2名の方が亡くなりました。
ご冥福をお祈りします。

このコースはあまりにメジャーで多くの人がツアーに入るために起こってしまった事故だという気がします。私の初BCもこの銅像ルートで全くパウダー&急斜面が滑れないままツアーに入り、ゴロンゴロン転がっていました。状態の悪い時にあの下手くそさで雪面に圧力をかけていたら、と思うとゾッとします。天候や雪面を見る判断力、雪面にできるだけ負荷をかけない滑りの技術、危険を予測する力などをもっと身に付けなければ・・・。

 わかっていたけど

超音波による測定をします
あっという間に終了
 
とっても骨太でした。

サクラで超音波による骨粗鬆症予防検診というのを受けた。いわゆる骨密度というやつ。
まあ、平均よりは高いだろうなと思ってはいたものの、『「十分です」と久しぶりに言いました』と保健師さんに言われた。

毎年2月1日~7日は生活習慣病予防週間だそうです。
他に腹囲(おへそ周り)、血圧の測定。今世間をにぎわせているメタボリックシンドローム予防のためらしい。お金がないんだから、医療費節約しなくちゃいけないもんね。数値はもちろん正常だったけど、週末動かないと死んじゃう病がもし治ってしまったらこのメタまっしぐら!?

ちなみに、メタボリックシンドローム予防のポイント「1に運動 2に食事 しっかり禁煙 最後にクスリ」だって。

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。