Mizuho's Diary

~MTB、山登り、Snowboad、いろんなことにチャレンジ!記憶を記録するブログ~

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 朝帰りの特権?

DSCN3166A.jpg
週末は雪がもさもさ降った妙高&白馬に。
田舎者の私は上りの渋滞がすさまじいという認識が甘かった。
白馬塩の道温泉を出発したのが5時前。
青木湖畔のヤナバまでかかった時間2時間!(普通なら15分)
途中何度も前の車のオカマ掘りそうになって、帰るの断念。
白馬村の友人宅に再び戻って仮眠させてもらって、朝4時出。
今日は白馬から出勤です。相当休みたかったけど、頑張ったゼ!

中央道は景色見所満載。
北アルプス、諏訪湖、八ヶ岳、甲斐駒・・・。
上りはバーッと視界がひらけて富士山が見えるポイントがお気に入り。

早く寝ようっと。
スポンサーサイト

 無尽講

20080215184346.jpg
毎月第二木曜日は無尽の日。世の中はバレンタインデーという日でしたが、そんなの関係なく開催。

無尽というのは山梨県独特の文化らしく、昔は町内会の銀行みたいな役割だったけど、今では仲間が定期的に集まって飲むものになった。飲み代とは別に毎月積立てをして、旅行に行ったりもする。既婚者でも「今日は無尽で」と言えば、たいがい快く送り出してもらえるし、また相方(お姑さんも含む)もそうしなければならない。それが無尽。山梨県人老若男女たいがい一つは無尽に属している。

そんな結束力固い山梨の無尽には溶け込めず、高尾で無尽を発足!幹事は普通持ち回りになり、店を選んだりするのだが、高尾無尽は固定幹事&同じ店。飽きた頃にメニューが変わるし、時間に遅れても来た人から勝手に始めてるので気が楽です。

毎月同じような顔ぶれで話すことはあるのか!?
あるんですね、これがまた。仕事やら遊びやら、時には恋愛ものも(これはかなり割合低いけど。ライト関係毎回話題に上るなぁ)。だいぶ家族化してきた高尾無尽、興味ある方第二木曜高尾駅に来れば無尽の世界を垣間見られるでしょう。。。

 冬山講習会

雪山って絵になる♪
穏やかなテント場
 
2月8~11日まで長野県山岳総合センターの冬山講習会に参加してきた。人気講座みたいで抽選漏れすることもあるそう。長野県民は優先されるらしいけど。若い(受講生の中では!)女性の私も一応優先されたらしい・・・。

事前に宿題も出され、ドキドキ参加。初日はセンターで机上講習や買出し、荷物のパッキングなど。私の班は一般参加(通年のリーダーコースと併催)の部だったので、皆初顔合わせ。こういうの緊張するよね。班の中では私が一番雪山登山の経験があるみたい。
2日目からいよいよ山へ。雪山で2泊したことないので楽しみ♪鹿島槍スキー場トップからわかんじきを履いて登る。スノーシューで歩き慣れているせいか歩きづらい。それにしても、荷物が重い。こんなの背負って山に入っている人達すごいなー。まあ、体力有り余る私は歩く疲れよりも、弱層観察や雪洞などで雪掘りまくった腕の筋肉痛の方がひどいですけど。

山での講習内容は、テントの張り方や水の作り方などの生活技術、雪崩埋没探索訓練、弱層観察、雪洞の掘り方(我が班は6人用、他は緊急ビバーク用)、ロープワーク、ルートファインディングなどなど。指導してくれる講師達が皆「THE 山屋」という感じで、昔の話や今まで経験してきた山のことなどの話がとても面白かったし、参考になった。皆総じて奥様に弱いという共通点もあり。山を続けるには、「愛妻」が永遠のテーマのようです。
講習は班員のレベルや要望で講師が適宜決めてくれるのがこの講習会のよいところかな。あと値段の安さ。18000円で宿泊費、食費、団体装備代、テキスト代まで全て入っていた。しかも酒付き!オススメなのでぜひ皆さん受講してみて下さい。

最終日は見事に晴れ渡り、爺ヶ岳や鹿島槍ヶ岳の眺めが素晴らしかった。遠く妙高や八ヶ岳まで一望。この講習会は例年吹雪で景色堪能どころか激ラッセルで、今回のような天気は珍しいんだって。やっぱり私晴れ女!?

同じ班に松本のカメラマンがいたので、その方から写真を頂いたらまたアップしま~す。
私のカメラは雪洞内で共に眠ってしまったため、結露しちゃって使い物になりませんでした。
大型ザックにたんまり荷物 スキー場に不釣合いな人達が歩いてます 雪洞構築 入り口を小さく一段小さくするのがポイント 大変だった

 ありがとうございました

1月にこのブログ上でお願いした「まさたかくん」への募金ですが、
振り込んでくれた方、私の所に送ってくれた方、直接渡してくれた方などたくさんたくさん・・・。
私一人では不可能な額のお金を届けることができました。
まだまだ募金活動は続いていますが、ひとまずお礼です。

・先日Linkで紹介したSHOくんの会社が協力してくれました。
・アウトドアショップELKで募金箱を置かせてもらいました。店長さん、ホーリーありがとう!

追記:ひっそりと記憶喪失防止のために、このブログを書いていたのだけど(?)、
今回の件でブログの存在を知らせてなかったアウトドア仲間以外の
小学校時代や大学生時代の友人に広く知れ渡ることになり、何だかこそばゆいこの頃。
遊んでばかりの私だけど、いつまでも仲良くしてねー。

 またアラスカ(妄想)トリップ

雪がしんしんと積もる庭に置かれた写真たち 芳澤ガーデンギャラリーにて  
千葉・市川で星野道夫展がひらかれていました。
芳澤ガーデンギャラリーは市川の文化人展「星野道夫展」。文化会館では星野道夫写真展「星のような物語」。ずっと行きたいと思っていたけどなかなかタイミング合わず。やっと行くことができた!また日本にいながらにしてアラスカにトリップ。

雪予報だったけど、まさかこんなに降るとは。せっかくお町に行くからとたまにしかお目見えしないロングブーツを履く予定が、雪山と変わらないソレルのブーツ出動。

芳澤ガーデンギャラリーは閑静な住宅街にあって、よい雰囲気。庭にパネルが置かれていて、それが雪景色と相まってますますいい感じに。内部には、写真、エッセイ、実際の原稿やカメラ、リュックなどが展示されていた。一時期すっかりとりこになって、何回も見たはずの写真や言葉がたくさん、大きなパネルになり一つの空間を作りあげている。見入らないはずがない。何でこんな大きな自然の中の一瞬の出来事をとらえることができるんだろう。写真の前で涙ぐんでいる人もいた。私もお気に入りの写真の前でそっとハンカチを出した・・・。

文化会館の方はテーマごとに分けた写真展。アザラシ、ナヌーク、ザトウクジラなどの動物。色鮮やかな植物や絵のようなコケの森。イヌイットの人々。近くに行って見たり、今度は遠くから眺めたり。写真だけを見ながら移動してるので、人に何度もぶつかってしまう。それも同じ人に。きっと同じように動いていたんだね。

心に残った言葉:「幸福の多様性」「意味を持つのは過ごしてしまったかけがえのないその時間」「好きなものには人生そう何度もめぐり合えない」
皆がみんな星野さんのように生きられるわけじゃないけど、心に響いた言葉や写真を大事に生活していきたい。
会場内には本物のムースの角が置かれてた 片手では持ち上げられない程重い! シャトルバスで移動して、別会場へ こちらは今日が最終日 市川文化会館にて

 snowboad6:野沢はピーカンパウダー

久々リフトのお世話に 雪が木に残っててきれい  
【2月2日】約1ヶ月ぶりのスノーボード。
間があくと準備に手間取る・・・。それでも、今回はゲレンデと決まっていたので荷物は少ない。

朝4時半に須玉インター集合。ちょっと早すぎない!?ま、その後はずーっと寝てたからとても文句は言えない。車内で行き先をあれこれ考え、前日大雪注意報が出ていた飯山地方ってことで野沢温泉に決定。実は(と告白する程のことでもないけど)野沢温泉はお初です。夏にはダウンヒルマラソンに出たけどね。

野沢に詳しいI氏やyanagiの案内で、効率よくツリーやちょい裏をガンガン回す。気温が低くて底つきなしのサラサラパウダー!しかもピーカン。パウダー食いの二人のハイテンションに少々出遅れ気味の私と春日ちゃん。でも慣れないツリーもボーダークロス系の沢も頑張ったよね。午後にはガラスの太ももが割れては困ると、早々に切り上げ。7時には家に着いてゆっくりまったり。朝ちょっと早起きすれば、日帰りで白馬や飯山まで行ける山梨の立地ってステキ。

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。