Mizuho's Diary

~MTB、山登り、Snowboad、いろんなことにチャレンジ!記憶を記録するブログ~

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 snowboad11:デブリーランド飛騨沢

オープンバーンを滑り終わって小屋に到着 とりあえず、乾杯 帰りの荷物を減らさなきゃ!!  
まず、デブリって何だ!?と思う人(それは私)のために。*デブリ・・・登山で、崩落した岩石・雪・氷などの破片、またはそれが積もった小山。 フランス語だって。山用語はみんなドイツ語だと思ってたけど、いろいろあるのね。

【3月22日-23日】新穂高~飛騨沢
昨シーズンnumanさんとk-boさん、ヘロ丸達がトライしたものの、全く視界が無く、滑ってるんだか、止まってるんだか、という状態だったらしい。その後numanさん、k-boさんは日帰りアタックを敢行したが、カリカリだったみたい。今年こそは!と再リベンジを意気込み、これに私も参加させてもらうことにした。

メンバー:numank-boけヴぃ、Mizuho(snowboad)

<1日目>
金曜日入っていた飲み会をキャンセルして、そそくさ準備。だいぶ泊まりの装備準備も慣れてきたけど、重いなぁ・・・。まず、私は集合場所までたどり着くのが第一の核心。大月~松本~安房峠~新穂高温泉の道のりで、松本からが山道なんで心配してたけど、しょっぱな中央道で山梨から出ないうちに睡魔が襲来。たっぷり寝てしまい、それから頑張って運転したが到着は4時半になっていた。動き出しは6時!大丈夫か!?私。

天気は予想通り快晴。山に行くたび、天気にはものすごく恵まれてて幸せ。今回は正月にケガしたk-boさんの山復帰戦。・・・この山行が復活って、ようやりますわ。numanさん、k-boさんは2度来ているので、行程を把握していて心強い。「すごいデブリーランドがあるよ」とは聞いていたけど、去年は無かったという林道にまで数々のデブリ。こんなのに頭打たれたら・・・。全層雪崩、春山を感じます。けど、怖すぎる!!
まず林道歩き
体力温存のためポチ作戦
沢沿いに進んでいく
北アの山々がお出迎え
出た!一面に堆積したデブリたち
様子を伺いながら慎重に進むけど、この重荷じゃとても逃げられない!
雪虫がたくさんいた まるで蚊のようにブンブンと 実は初めてこれが雪虫だと知った
ジャンダルムや奥穂高岳 何度も何度も振り返った rider:Mizuho 暑さ&重荷でバテバテだが、この森を抜ければ本日のゴール!rider:numan
7時間近くかかって本日のお宿に到着。あわよくば、身軽になって1~2本滑ろうなんて思っていたけど、陽だまりでダラダラしているのがひじょ~に心地よくとてもそんな気になれない。ま、明日という明るい未来があるさ。小屋に入って宴会開始といきますか。ワイン2リットル、焼酎、ビール10本以上・・・・。出てくる出てくる非効率な荷物達。おいしい塩豚鍋とともにどんどん消化していきます。もちろんこのメンバーでは私が最初に撃沈。
お世話になった槍平冬季小屋 広くて快適(雪洞掘る労力も不要!) 利用料¥1000を箱に入れます 私以外は同じメーカーの板(珍しいのに) 板と山を眺めながらビール飲んで昼寝 誰も滑りに行こうとしない(笑)
仏壇ろうそくとけヴィ持参のにせ(LED)ろうそくで、さながらどこかのBarみたい? numanさん特製の塩豚鍋 完璧据え膳でした あまりに美味しすぎて自分でも作った
<2日目>
昨日酔う前に時間等決め、たっぷり睡眠。気温はかなり高いが、快晴とまではいかない高曇り。標高の高い場所の雪が緩むか心配だが、黙々と登る。やっぱり荷物が軽いと違うね~。復活のk-boさんも足取り軽く登ってます。帰りのデブリーランド通過の時間も考え、ドロップ時間を12時と決めて飛騨乗越手前2900mくらいでドロップ。槍の穂先はまた今度。最初はカリカリでどうしようかと思ったけど、とりあえずエッジは噛むし、大展望の中滑るのはかなり気持ちいい!大きく大きくターンしようと思っても、広い飛騨沢の中自分のラインなんてホントちっぽけ。
あっという間に小屋に到着。は~、楽しかった。この1時間弱のために合計11時間2000mも登ったんだなー。これから先の帰り道を考えるとゾッとするけど、とりあえず乾杯!そして、デブリーランドへ。時間はかかったけど、終わってしまうと「行ったぞ」という充実感と何ともいえない寂寥感。滑りの効率の悪い山行だけど、きっとまた行くと思います、私。いつかパウダー当ててみせるぞ!!
寝不足解消され、荷も軽くなり、いざ行かん!目指す稜線はまだ見えない rider:numan 高度感が出てきた 雪がやわらかくなるためにも日差しが欲しいところ
飛騨沢上部2500mくらい 広すぎて視界がない日は夢遊病必至ですな rider:k-bo 飛騨乗越直下 気持ちよさそうに見えるけどカリッカリ!「こわ~」と叫びながらターン rider:けヴぃ
こ~んなに広いところに私達だけ!いつかは向こうに見える双六方面にも行きたいな rider:numan 中下部はナイスザラメ&バンクの連続♪当て込み放題です rider:numan
すごいロケーションを滑ってるんだなー この飛騨沢を怪我からの復活戦に選んだk-boさん 気持ちよい滑りはつかの間 帰りもデブリアトラクションが待っている~ 果敢に攻めるけヴぃ
時には板をはずして歩くことも こんな時スキーの方がいいなと思うのだ 林道もあまたのデブリ越え 3月の高温の影響かな もうすっかり春山の気配

Thanks:numan、k-bo、けヴィ
スポンサーサイト

 snowboad10:開拓の山

この日この人が現れなければ登れなかった!救世主ポントゥーン乗りのヒデさん   
一回書いたのに、PC不慣れな扱いのためオジャンになった(涙)そのまま写真放置するのももったいないと一発奮起してまた書いてみた。

【3月9日】S天狗~Y沢
雪山仲間が次々に戦線離脱・・・(という程大げさでもないけど)。この日はヒコマサと私の2人しか集まらない。どうせならと行ったことのない山に行ってみようと、2人の実力でも行けそうな山を各々いろいろと探してみる。人の多そうな白馬は却下。雪山講習会の時に見た美しい爺が岳や鹿島槍が魅力的だけど、日帰り山行ではとても稜線までは行けそうもないし、行ったところで私が滑れるわけない。しばらく地形図とにらめっこ。そうすると浮き上がってきた爺の手前のよさげなピーク!きっと眺めがよいだろうな♪爺が岳スキー場から行けそうかな、誰か行ったことあるかな。そう思えばすぐググれるネット社会は便利ですね~。当初私が思ってたほどお気軽な山ではなさそうなことがすぐ判明したけど(標高差1000m以上、急な登り多し)、決行を後押ししたのは、知り合いのまんまがS天狗のシュートを滑ってるレポが載ってるサイトを発見したから。ソッコー連絡して状況を聞いたよ。まあ、まんまのノリで「全然ヨユーだよ」と言われても、イマイチ疑心暗鬼だけど(笑)とりあえず、時間を決めて行けるところまで行こうとS天狗に決定!

ヒコマサと爺が岳スキー場の駐車場で合流して、早めにハイクを始めるが、ずるずるの雪の登りにかなり手こずる。体力消耗しすぎ・・・。少し登ったところで早くも諦めムード漂い始め、小休止しているとスキーヤーが一人登ってくるのが見える。「こんなマイナーな所に来るなんて物好きだね」「あれ、若い人みたいだよ、もしかして知ってる人だったりして」・・・知ってる人でした(笑)「私達もう諦めムードで休んでるんですよー」「いや2000mまでは行けるだろー」ヒデさんに会ってガゼンやる気になったのと、極太ポントゥーンのトレースで断然歩きやすく(ちょうどスノーシューの幅くらいなんだよね)、ペースが上がる。急登のラッセルが続くこの尾根では、ポントゥーンのトレースなしで登るのはキツかった。ヒデさんありがとう!

2000m近く。ヒデさんは私達が目指すピークより奥のコルに向かって歩いている。雪のよさそうな北面を狙っているみたい。私達の前のピークに向かう道はいよいよ切り立って来たし、雪は固いし、アイゼンなしではちょっと怖い。かといって今いる位置から雪庇を乗り越えて予定のシュートに入り込むのは、私の実力ではムリ。落ち着いて地図を見て、そして今まで集めた数々の情報を統合して、見えている斜面を滑ってY沢に下りて、登って来た道に合流しようと判断した。Y沢からはヒデさんも一緒のルートだし、安心。無線に先に滑り始めたヒデさんの「雪いいよ!」と声が入る。私達のいる斜面もそうだろうか、ピットチェックして慎重にドロップ。「気持ちいい!」雪質といい、斜度といい、木の間隔といい、眺めといい。全てがちょうど私に合っていた。グレイト!!心配したY沢も登りのトレースに合流するまで割れることなく、デブリ跡もなく、快適に滑ってこれた。

感激、会心の山行。自分で地図を見ていろいろ調べたり、想像したり。実際山に入ってもいろいろ考えて。「連れて行ってもらう」のではなく、「自分で行動」した価値ある日だった。天気すこぶるよかったし!白馬に100人以上が入山したという日に私達以外誰もおらず、山独り占め♪そう言ってもヒデさんに会わなかったら登れてないのが、まあ私らしいということで。

急でやせてる尾根は雪がずるずるで登りづらい
振り返れば・・・ 大町の町並みと八ヶ岳~南アルプス 真ん中にうっすら富士山が見える!
ドドーンと真っ白な爺 「抜けるような青空」ってこんな感じを言うんだろうな 人間がちっちゃく見える 何にも聞こえない山の中 rider:ヒコマサ

ドロップイン!予想外にいい雪&いい斜度 rider:ヒコマサ
ボトムの沢は快適な天然パイプ 思わず2人でガッツポーズ

 春です

コピー ~ DSCN3233
2000m以上のところにも確実に春が来ていた。
いつの間にか黄砂混じりのコーンスノーに変わっていた。
桜のつぼみが芽吹いていた。
デブリがたくさんあった。
日焼け止めをたくさん塗ったけど、日に焼けた。

春だな~。
桜の咲く山の中、青空の下で滑るのロマンチックだな~。やってみたいなぁ。

 穂高が呼んでいる~


これまで書きたいことはたくさんあるんだけど、もう面倒になりました(笑)
とりあえずこの週末はと~っても山深い所に来ています。
暑くてバテバテだけど、景色に癒されます。

 てれまくりとスキーデビュー

banya craftの板に乗る久々再会SHOKOちゃんとbanya専務のmakko  
白馬乗鞍スキー場でてれまくりというイベントが開催された。周りにテレマーカーも多くて、あのスライドの魅力は何なんだ!?と思っていたし、プロの滑りを見れるってことで、のこのこと出かけて行った。
会場は試乗するテレマーカー達で異様な賑わい。関東~関西のテレマーカー皆ここにいるんじゃないかと思うくらいの人数。スキーもまともにやったこと無いのにテレの試乗もどうなの?股がさけるかもよ!と自問し、本日はアルペンスキー練習日と決定。いつか山にスキーで行くのが目標。やっぱりでっかい山にはスキーの機動力が魅力だもん。
試乗の板でかっ飛ばすテレ屋達のお祭り雰囲気を横目に見ながら、インストラクターmakkoについておっかなびっくり斜面を下ってみる。片手で数えるくらいしかやったこと無いけど、ワーワー言いながら何とか滑って下りられる。もしかして、私ってスキーセンスあるかも??←かなりおだてにのりやすい(笑)でも、太ももパンパンです。

来シーズンは本格的にスキーしようと決意。スキーヤーの皆様、ご教授よろしくね。そして、決意が揺るがぬように板をオーダー!banya craftのファットスキー紫色(ハンドメイドなので色は自由なのだ)。banyaの板は超軽いのです。形もユニーク、乗り心地もグッド(らしい、マニアな人の間では)。興味ある方随時試乗できるそうでーす。

イベント会場でいろんな人に再会できて、それだけでも収穫あったな。

 かしましムスメの登山

“にゅう”をバックに天狗への斜面を登る
photo by ホーリー
 
【3月5日】
「女三人寄ったら かしましいとは愉快だね♪」というのは3人組のかしまし娘だけど、この日は女4人で八ヶ岳・天狗岳に登って来た。

待望の平日休み!わ~い♪
地元なのに1回しか行ったことのない八ヶ岳エリアにスノーシューハイクでも行こうかな。平日休みが取れそうな高校の後輩ホーリーと滑り仲間のyanagi、そして滅多にタイミングが合わない(というか日本にいない)ケイさんが集まった。ケイさんオススメのお手軽コース、渋温泉→黒百合ヒュッテ→天狗岳のコースに決定。ここは、キリン端麗生のCM撮影にも使われたらしいよ。(雪が多くなるとまた違う眺めだー)

八ヶ岳エリアは気温が低くて、いつまでたってもサラサラのドライパウダー。美しいし歩きやすい。そして、週末にたくさん人が入って踏み固めてくれてあるので、さらに超快適高速道路。あっという間に黒百合ヒュッテに到着。ここからは稜線歩きで風が強くなり、雪もカチカチなので、慎重にキックステップで登る。登りも下りもケイさんの登山テクニックを伝授してもらって、得した気分。

ホーリーがお茶道具を持って来ていて、ふるまってくれる。温かい飲み物がとーってもありがたい!そして、凹凸が無くて夏道より快適な下山。あまりに早く下山出来たので、渋いお風呂の渋の湯につかって帰る。甲府に5時着。充実の1日、そして睡眠もたっぷりとれて満足♪
サラサラパウダースノーと木漏れ日 これぞ「THE 八ヶ岳」って感じ 東天狗岳山頂より西天狗岳
1組のパーティーが登はん中

 snowboad9:今年も会津へ

頂上直下のオープンバーン 優雅なテレマークターンを決めるみきてぃ  
【3月1日-2日】
去年念願だった雪洞キャンプができた会津駒ケ岳。あのおいしそ~だった斜面を滑りまくるべく、今年も計画をたてて行って来た。

メンバー:k1ro、おやぶん、たいすけ(ski)、みきてぃ(テレマーク)、ゆっきー(スノーシュー)、Mizuho(snowboad)

女子3人は東京駅で待ち合わせ。大月から直通電車があるので、大きな荷物持ってても楽勝。みきてぃのでっかい車に乗せてもらい、27時(という言い方があるらしい)に小豆温泉着。快適車中仮眠タイム。新調したシュラフがあたたかく、ぐっすり。至福の時。
え!!到着したメンバーの声で起こされると雪がもっさりと積もってる。微妙な天気に行程を悩みつつも、とりあえず、行ってみようかと重い荷物背負って出発。先行者のトレースを使ってハイクは辛くない。しかし、1350m地点まで登って皆心が折れる。だって樹林帯の中でも吹雪なんだもん。ウエアもしみてきた。麓で温泉→宴会コースにあっさり変更。
標高差400mほどの下り。荷物は重いがパウダーランが楽しい。埋もれながら麓の民宿へ避難。体が温まってくると物足りなくなり、スキー場へ行ってみようと繰り出す。リフトおまけしてもらいました。
民宿は素泊まり。1泊分の食料あるので全く問題ナシ!玄関で自炊させてもらう。水作りが無いし、暖かいし快適♪今宵のメニューはカレー鍋。何かちまたで流行ってると聞いたし、イチローも毎日食べてるというし。1日が誕生日のみきてぃのお祝いも密かに用意した、ホットケーキだけどね。雪洞でキャンドルナイトだったらロマンチックだったんだけどなー。6時間にも及ぶ宴会は大いに盛り上がり(ほぼk1roさんオンステージ)、二日酔いの予感大。翌日のことを全く考えず、なるようにしようと就寝・・・。
ゆっくり起床して目の前の登山口を見ると何人かすでに準備してる。天気は晴れ!行くしかないでしょう。急いで準備。一晩で30センチ程積もったようだが、先行者のトレースで高速道路。みきてぃ&k1roさんは二日酔いでペースが上がらないようだ。でもこのくらいでちょうどよい。この面子ペース速すぎるんだもの、ボード担いでる私にはキツイ。森林限界過ぎると景色がババーンと開ける。長い尾根歩きもこの景色に癒されるが、私にも遅ればせながら二日酔い(と寝不足のツケ)がやってきた・・・。
会津駒ケ岳からの眺めは360度人の気配がない。本当はあんな所、こんな所滑りまくり計画だったのになぁ・・・。まあ、天気ばかりは仕方ないです。時間的にも大戸沢岳に行くのは諦め、登って来た尾根道を滑って帰る。気温が上がり雪は肉厚の最中になってしまったけど、ボードだとこんな雪でも快適に滑れる。っていうか、バリバリ楽すぃー♪パウダーあり、クロスコースっぽい所あり、あっという間に下山。
ゆっきーは今年も滑り道具を持たずに参加。参加メンバーの中で一番の安定度&速度。下部の雪はだいぶ腐ってたけど、去年のヤブヤブ道場よりはずっとよい。木々の間隔もちょうどいいのが東北の山のいいところ。来期こそは、滑りまくり実現したいな。

Photo by たいすけ&おやぶん

*念のため記録:snowboad7は関温泉(2月16日)、8は八方尾根(2月17日)。

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。