Mizuho's Diary

~MTB、山登り、Snowboad、いろんなことにチャレンジ!記憶を記録するブログ~

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 田沢湖で思う

【7月20-21日】
全日本MTB選手権の観戦に行って来た。
結果はこちら
全くのレース素人、特に誰のファンというわけでもないけど、応援したい人はたくさんいる。
それに、ただ単純にレースを見るのが面白い。自分ができないことだから。
観戦のトモ・ゆっきーは忌引き!一人で不安だけど、もうこまちの切符取っちゃったし。

グリーンシーズンの田沢湖スキー場。秋田駒ケ岳はお花の盛りなんだろうな。

田沢湖のレース運営はJCFの役員の人と田沢湖スポーツセンターのスタッフや
地元の人達(多くは農家さん)の手で行われている。
たまたまセンター役員が知り合いで「来るならスタッフしない?」と
言われていたので、「観戦できるなら」と引き受けていた。

到着した20日はDH(ダウンヒル)の日。
与えられた役目は、ゴールした選手の誘導。
私がしなくても選手の方がよっぽどわかっていたけど、一応働いた感じ。
なぜか九州から公務で(!)nセンセも来ていて、日本のMTB界について語り合う。
実があったかどうかは大いに疑問だけど。

ゴールからは中盤から下のコースが見えたんだけど、
DHの選手って下りながらもモリモリ漕いでるのね。
ゴールした後息切れしてたり、手足ガクガクで立っていられなかったり。
知らなかった~。←知らなさ過ぎだろ。
自分の感覚では下りはペダルの上に足固定!楽し~♪だからさ。
ちょっとやってみたくなった。

終わって大釜温泉につかり、コースを歩いて下見し。
運動したから!とモリモリ夕食を食べて、20畳の広さの部屋に一人撃沈。
ハッと起き出したらJCFの人達がツール・ド・フランス中継を見ていたので一緒に見る。
家のTVが映らないから初めて見たけど、面白いわ!!
自分に与えられた役割を全うするところとか、実況の淡々としたしゃべりとか。

21日はXC(クロスカントリー)の日。
私のお役目はスタートの選手召集。
これもJCFの方達がみ~んなやってくれたので、私は名簿見てるだけ。
男子は年齢別でクラス分けがあって、ジュニアの選手なんて見ていて微笑ましいばかり。
年齢約半分だもんなぁ・・・。
DSCN3568.jpg

選手がスタートするともうお役目御免なので、下見で見つけておいたポイントに
移動してじっくり観戦。選手がギョッとする場所で応援するのが趣味♪
だから、私が行く場所はあんまり他の人が通らない場所なのです。
・・・だから、なのか、・・・なのに、なのか。
DSCN3571.jpg
一つのレースのほんのちょっとした距離だけでこんなにたくさん。
これってどうなの???
極限状態だから仕方ない、って言う人もいるかもしれない。
レースなのだからって言う人もいるかもしれない。
だけど、誰かが拾わなくちゃいけないよね?それ誰がやるの??
何人かのトップ選手のようにサポートの人がいてその人の前で投げればOKかもしれない。
市民マラソンのように行政が介入して大勢ボランティアがいれば、回収可能かもしれない。
(これも結構疑問?なのだけど。ま、マラソンの多くは車で行ける場所だし)

Jシリーズは運営の経営が厳しくなって、大会自体が年々少なくなっている。
10数年続いている田沢湖でもスタッフギリギリの人数でやっていて、
準備はもっと大変でお金はかかるし、もういつ止めてもいいやと思っているけど、
選手の「田沢湖楽しみにしてました!」「コース面白かったです!」
という声があると、もう少し頑張ろうかなーと(だまされて)続けているんだそう。
地元の人達は選手が補給のゴミを捨てているなんて思ってもいない。
だから、コースの撤収に行ってびっくりするのだとか。
だけど忙しくて拾っていられないらしい。今年は駐車場に放置ゴミがあったんだって!!

強い選手はきちんと自分のポケットに入れている気がするんだけどなぁ・・・。
私はタバコのポイ捨てと同じで、ポイッと捨ててるのを見たら
その人物に対して即嫌悪感持ってしまう。
この時も見た瞬間応援やめちゃったもんね。ポイ捨ては犯罪。
増してや、MTBっていうのは自分達が遊ぶフィールドを快適に楽しむために
おのずと環境負荷に対して敏感になるものじゃないのかな。
厳しい条件のレースでもそれは変わらないスピリットとして選手達にも持っていて欲しいな。

DSCN3573_convert_20080724005444.jpg今回はこの事以外にも無いあたまで、色々いろいろ考えた。
上手く文章にできないからここには書けないけど、とりあえず、
自分の世界を広げてくれたMTBが大好きだから、自分なりに楽しみつつ、
あわよくば底辺拡大するぞーっということで。
私にはその力がある(かもしれない)のだ!・・・と信じて、一件落着・・・かな。
スポンサーサイト

 怖くて

寝れない。

続けて、地震が起きた。
私の住んでる所が震源のよーだ。

ニュース速報見たら震度3。
体感的にはもっと揺れてる。建物がボロイからか!?

キャンプ道具押入れから出しておこうか・・・。
外に出れる格好に着替えた方がいいのか・・・。

とりあえず、安眠させてください!お願いします。

 コンチキチンが鳴る街へ

DSCN3561_convert_20080715210426.jpg
「そうだ、京都行こう」
ではない(計画的だった)けど、週末はいつもの強行軍で京都へ。

祇園祭りの真っ只中、ちょうど鉾の試しびきをしたり、提灯に灯がともる日。
んで、京都はやっぱり暑かった!!
街中にはコンチキチンの音楽が流れていて、人も多いし、いやでもお祭りムード。
4年間住んでいながら初めて間近で鉾を見たので、ちょっとカンドー。
すごくお金が動くお祭りなんだろうけど、ずっと続いていって欲しいね。
・・・にしても、私街での体力無さ過ぎっ!
バテバテでマックで仮眠しちゃったよ。←混んでてどこも入れなかった。

元来マメではない私は、ボードシーズン終了とともにカメラを出す頻度も激減。
それでも「あ!」と思ってカメラを出すのは、食いしん坊万歳!食べる時。
時すでに遅し、のことが多いけど。
DSCN3551.jpg
DSCN3554.jpg
9097570_384968463.jpg
DSCN3564.jpg

上:フルーツパーラーヤオイソのフルーツサンド
中上:JR京都駅近く まんぼ焼の山本 飲めない私もビールが進む!
中下:今回のメインイベント numanさん邸でのBBQ 完全な上げ膳据え膳、シアワセ♪
下:暑さでお疲れ気味の胃にやさしい名代おめんのつけ麺 薬味がてんこ盛り

今回の旅の目的は、学生時代所属していたクラブ創立30周年パーティーに出席すること。
国立京都国際会館なんてこんなイベント無ければ今後足を踏み入れることは無いもんね。
そして、こんなイベント無ければ、今後の人生で顔を合わせることは無いだろう大勢の人、
懐かしい人たち、まあまあ会ってる人たち、いろんな人たちに会えて面白かった。
名札見て「あ、Mizuhoさん、まだ○○さんなんですね?」と言われることもしばしば・・・。
クラブ活動はそんなに真面目にしなかったけど、その時の仲間のおかげで
今の人生無くてはならぬMTBやスノーボードの世界を知ることができた。

せっかく京都に行くからには、普段は雪山で会っているnumanさん達と飲まなければ!
私の京都行きに合わせて、東京からくぼっち、茨城からkv象も参戦。
07-08シーズン一緒に頑張ったもんね。
亀岡のk-boさん達の仲間も大勢集まってくれて、楽しい夜を過ごすことができた。
世間的に飲みすぎ、とも言う・・・。
「板きれ一枚で雪の上を滑る」ってだけの共通点で、職業も年齢も住んでる所もバラバラ。
それでもこんなにつながれる仲間を持てるスノーボードってステキだな~。
こりゃ年とってもやめられない!!

 連続

別件で偶然にも二週連続、かかあ天下の町、群馬高崎に行った。
少し話をした何人かの夫婦はみんな女性が年上だった。しかも、かなり年の差カップル。
やはり天下のかかあ天下!!
これで、家庭内うまくいってるのねぇ。
そして、群馬県民みな上毛かるたをほぼ暗唱できる。何で!?

観光しようと思っていた日は土砂降りだったので、
山田かまち水彩デッサン美術館にだけ足をのばした。

知ってる人は多いと思うけど、17歳の時に自分の部屋でエレキギターの
練習してて感電死してしまった人。
私がちょうど17歳の時に「17歳のポケット」が発売されて話題になった。
どんどん増えていく本、引っ越す度にかなり処分するけど、この本はずーっと持ってた。
何でだろ?と自問したら、ああそうだ、その時好きだった男の子にもらったんだった!
ずっと読んでなかったけど。人から頂いた本は手放せませんね。

彼の作品は、10代の若者が見れば共感する部分が多いでしょうね。
OVER30の皆さまは、かまちの熱い気持ちをつづった詩を読むと、
「あ~、私にもこんな時期あったな」と感慨にふけることでしょう。
同じ思うにしても、形に残ってるというのは良いものだな。

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。