Mizuho's Diary

~MTB、山登り、Snowboad、いろんなことにチャレンジ!記憶を記録するブログ~

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 視力回復?

雨期が明けて最近はカトマンズ市内からもヒマールが見える毎日です。
P1050608(1).jpg
今日はちょっと高台にある場所に行き、西はアンナプルナから東は何とかって山まで一望して来ました!アンナプルナまでは直線距離で200キロぐらい。はっきりくっきり見えて、落ちてしまった視力が回復したのかしらん??て思うぐらい。ちなみに、ネパール人は4.0ぐらいある人が多いとか。ホントかな。

P1050644(1).jpg
今日はとっても夕焼けがきれいでした。
こんな景色を目にすると、山に登りたくなります。

カトマンズは埃とゴミさえ無ければ、本当に過ごしやすい気候で最近今まで以上に良く眠れ過ぎて困りものです。あっ、だから目が少しよくなったのかな?
スポンサーサイト

 祭りのあと


ネパール最大のイベント、ダサインが終わりました。

家の中での行事なので、観光客にとってはタクシーは少なくなるし、お店もほとんど閉まってしまって、食事する場所も選ばなければならない、視覚的に楽しめる祭りではないけど、道行くネパールの人々がウキウキしている様子を見て、こちらも幸せな気持ちになれました。

職場の上司が一人でダサインを過ごすのはかわいそうだ、と自宅に招いてくれました。
P1050542(1).jpgP1050505(1).jpg
ダサイン本番の日は、カシ(山羊)の頭をさばいて、そのお肉を食べると1年頭が冴えて過ごせるそうです。ククリナイフで手際よくさばかれていく、カシ。そして、料理されたお肉が出て来ました。色々な部位があったけど、正直みんな同じ味でした。

P1050549(1).jpg
朝何も食べないうちに、その家々の神様のところにお参りします。
そこにいるグル(神主さんみたいな人)にティカをつけてもらいます。
P1050536(1).jpgP1050537(1).jpg
そして、次は竹製ブランコ!!
子供のためではなく、老若男女全ての人がブランコに乗って声高らかに叫びます。
高く上がれば上がるほど、運気が上向きになると信じられているみたいです。
恥ずかしいから最初断っていたけど、やっぱり乗りました。
みんなが押してくれて、まずまず上に行ったかな。

P1050567(1).jpg
家に帰って、いよいよティカ。
ダサインの日には新しい服を着なければいけない、とのことで、私はサリーに初挑戦。
年長者から年少者へと順々にティカをつけていきます。
私もこの家の息子たちにティカをつけさせてもらったけど、順序がわからずアタフタ(汗)
日本のお年玉と同じでティカをつけたら、少しのお金をあげます。
ちょっと弾みすぎちゃった。
P1050573(1).jpg
ティカ、てんこ盛りです。
そして、収穫の恵みの象徴、稲の苗をこうして耳にかけます。
このまま皆外を歩いています。はた目に見るとえらいカワイイです。

カトマンズではだいぶ簡素化されて来ているとはいえ、まだまだ昔からの習慣が受け継がれています。家族の絆をとっても大事にする姿、祈りを捧げる姿を見て、ネパールに来てよかったなーと思いました。「生きる」ことにすごく一生懸命で、素直なネパールの人達に色々学ぶことが多いです。

 大移動


ネパールは今ダサインというお祭りまっただ中です。
日本のお盆と正月が一緒に来たような、みんなそんな浮かれ具合です。
私たちが「よいお年を」「明けましておめでとう」と言い合うように、
ダサインをお祝いするメールが私にも送られて来ます。
純朴なネパール人は全世界でダサインをお祝いしていると思っています。カワイイ。
ダサイン中は自分の田舎に帰り、年長者からティカをつけてもらいます。
だから、カトマンズ市内はガラーンとしています。
写真のような長距離バスに何時間、何日も揺られて、みんなそれぞれの田舎に帰って行くそうです。



9月7日の記事は、思うところあり非表示にしました。
コメント下さっていた方たち、申し訳ありません。

 最近の投資part2

P1050453(1).jpg
カトマンズ市内(だけじゃないと思う)このような立派な一本木は、
「ピポルボト」と言って神様としてまつられています。
程良い木陰になってて、そよそよ風が吹くと気持ち良い!
もちろん、皆この木陰で雑談しまくり、昼寝しまくりです。

P1050452(1).jpgP1050455(1).jpg
最近の大投資。ジャーン。
やっとゲットしました、MTB。
家賃や冷蔵庫の3倍以上、周りの人には5分の1の値段で
買ったと言ってるくらい、こちらでは高級品です。
ですが、激オモ!!
まだ長時間の担ぎには耐えられません。って、そんな場面無いか。
交通事情最悪のカトマンズで1週間くらい乗ってみて、
走力はりんご売りの鉄自転車に乗ってるおっちゃんに負けちゃうくらいだけど、
日本にいるよりも確実に上達したことがあります。
それは、ストップ&ゴーと狭い所の切り抜け。
車に負けないように、ハンドル短く切ってもらいました。
スタンディングできるようになる日も近い!?



P1050298(1).jpg
9月半ばにぷらっとムクティナートまで行って来たんです。
(まだ記事アップしてなかったんだけど)
ここ標高3700m超えてます。
ポカラからここまで私ほとんど歩きませんでした。今や車で行けるんですね。
そして、ちょこっと歩いたら3800mに。富士山を超えました。
一晩泊まったら少し息苦しくなるかなーと思ったけど、快食&快眠でした。
最初のカベは4000mで訪れる??

見えている山はダウラギリⅠ峰です。
PONちゃん達が早く、早く、皆と会えますように!!

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。