Mizuho's Diary

~MTB、山登り、Snowboad、いろんなことにチャレンジ!記憶を記録するブログ~

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 光の祭り

11月は忙しく過ごしていました。

前半は日本からウルトラアクティブなFussyはじめ、makko、たけさん、ゆっきー、やまちゃんがネパールに遊びに来ていました。色々救援物資を持って来てもらって助かりました!救援が必要な程ではないけど、人間やっぱり便利なものを知ってしまうとそちらに流されてしまいますねぇ。彼女達の空になったザックは、帰る頃には入りきれないくらいお土産達であふれていましたヨ。皆の物欲アッパレです。最初の公言通り、微力ながらネパールに外貨を落とすことに貢献したと思います。

皆が来てくれた時に、ちょうどティハールという光のお祭りがありました。ネパール人もダサインよりティハールが好きだと言うくらい、街中が盛り上がってました。盛り上がりすぎて、ダサインからティハールまでの間、いつも以上に皆浮足立っていました。ティハールは、ラクシュミーという富と繁栄の女神にお祈りを捧げる儀式、牛、犬、カラスにお祈りを捧げるティカ、最後に女姉妹から男兄弟へティカをするバイティカといういくつものイベントが組み合わさったお祭りです。夜な夜な若者が爆竹を鳴らしていたり、家々の前で子供たちが踊ったり歌ったりしてお金をもらっていたり、ネパールのどこにこんな電力があったんだ!?と目を疑いたくなるくらいの街中の電飾などなど。本当にネパール人はお祭り好きです。ティハールの翌日はカレンダーは黒の日でしたが、夜遅くまでイベントがあるからと官公庁も学校も休みでした。決まってるならもっと早く教えてよー。

P1050785.jpgIMG_4615.jpg
P1050676.jpgP1050687.jpg
IMG_4616.jpg
ろうそくを灯してラクシュミー神を家の中に招き入れます。家の入口には、7色の色粉で描いた曼荼羅。家によってデザインが少しずつ違って眺めるのも楽しかったです。で、招き入れた家のお祈りする場所には、お金や果物、お菓子などをお供えしていました。個人の家も商店もカラフルなLEDランプのすだれっぽいものを飾り、ティハールの期間灯してラクシュミーに家の存在を知らせます。クリスマスのイルミネーションのようで素敵でした。

IMGP4658.jpgP1050652.jpg
P1050653.jpgIMGP4648.jpg
ティハール前の街の様子。
マリーゴールドのマラ(花輪)で街中黄色に染まってました。家の入口に飾ったり、神様に捧げたりします。ネパールに来て初めてマリーゴールドの偉大さを知りました。そして、何故かほうきが大量に売られていました。「なぜ?」と聞くと「掃除をしなきゃならないから」ともっともな答え。日本の年末大掃除のような感覚なのでしょうか。

P1050709.jpg
道端の牛にお祈りします。花の首輪をかけられ、色粉のスタンプ?を押されて人々に取り囲まれていました。
IMGP4865.jpgIMGP4874.jpg
P1050767.jpgIMGP4851.jpg
メインイベント、ティカの様子です。ダサインにもお世話になったお宅に今回もお邪魔させてもらいました。私(ディディ:お姉さん)はダイ(お兄さん:この家のご主人)とバイ(弟:息子2人)にティカをすることで、元気で頑張って下さい、病気しないように・・・的な力を授けるそうです。どこの国も女性は強し!ですね。ちなみに、力をつけてもらうべくマサラと千日草のマラも用意して一緒に渡します。マサラはスパイスではなく、ココナッツやくるみ、ナッツなどのこと。プジャ(お祈り)の道具は用意してもらいましたが、マサラなどは自分で店に行って聞きながら準備しました。日本の誇るべきチョコ菓子アルフォートも入れてみたけど、ネパール人にこの美味しさが伝わったかなー??
スポンサーサイト

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。