Mizuho's Diary

~MTB、山登り、Snowboad、いろんなことにチャレンジ!記憶を記録するブログ~

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 アラスカトリップ(気持ちだけ)

読む本に偏りのある私は、今まで星野道夫という人を全く知らなかった。
ふと手にした「旅をする木」という本。それも読み始めるまでは木を本だと思い込んでいた。え、旅をする本?素敵!って。おバカですねー。

久々に雪山に行かない週末。
最近ゆっくり本を読む時間もなかったしとページをめくってみると、夢中になってしまった。はっと気づくと丑三つ時ではないか!でも止められない。
カタカナに弱い私、地名が出てくるたびに地図帳で位置を確認しつつ。だから読み終えるのに結構な時間がかかってしまった。

文章から星野さんの優しさがにじみ出ていて、アラスカの自然を心底愛しているんだと伝わってくる。心をギュッとわしづかみにされたような感じがして、何回も読み直したセンテンスもあった。

この旅をする木には写真や挿絵が全くない。アラスカの自然・動物にも無知だった私は、どうしても星野さんの見ていた世界を垣間見てみたくなって、翌日図書館に向かった。通っている図書館は蔵書が豊富で、星野道夫さんの作品もほとんどが揃っていた。片っ端から眺めて全部借りたい衝動に駆られたが、自力で持てない重さに断念。厳選して、写真集の「星野道夫の仕事」シリーズと星野さんの講演を集めた「魔法のことば」を借りた。
F1030040.jpg
旅をする木で読んだあの文章が今度は写真となって私の心を揺さぶる。ページをめくるたびに自分がそこにいるような感覚になっている。全く予備知識もなく、行ったことももちろんない場所に行ったことがあるような感覚にさせる星野さんを心底すごい!と思った。

星野さんは10代の頃にアラスカの写真を見てアラスカへの思いを強く持ち、エスキモーの村に手紙を書いてひと夏を過ごしたそう。私は同じような頃にそういった自分を強く揺り動かすものに出会えていたのだろうか。出会っていても見過ごしていたのかもしれないな。

気持ちだけアラスカトリップは当分続きそうです。
スポンサーサイト

コメント

実は、私も本屋に行くたび毎回、星野さんの本をチェックしてますが、どれも悩み、まだ未読。
だって、どれも綺麗な写真で・・・
あつ、単行本で出ているのを・・・思い出した!(これから行ってみま~す。)
どれもいいんだろうけど、おすすめの本ないかな?



余計な事だけど「エスキモー」は現在では差別用語になっているのであまり使わない方がいいよ。 ちなみに「生肉を喰らう人」と言う意味。  あとから入ってきた白人がつけた名前だね。 イヌイットもしくはネイティブがベストだと思います。

>makko
「旅をする木」は手元に持ちたいので買おうと思ってるよ。
写真集も欲しいけど、結構なお値段なので少しずつだね。
お互い買った本を見せ合えば少しは経済的かな・・・?

>mamiken
そうなんだ。どうもありがとう。
星野さんの文章に書いてあったからそのまま書いてしまった。
無知なのがバレバレだね。
言われてみれば、「先住民」ていう言葉も外から来た人間が勝手につけたもので、
元から住んでいる人にとってはそれが普通なんだもんね。

「旅をする木」、私も星野さんの中で好きな本。
まっこりん、もし読んでなかったらオススメだよ!
たくさんの旅等の本が出ているけど、旅に対する感覚が一番共感できる人が星野さん。1冊読んでハマった~。
星野さんの本を読み始めて会って見たいな~と思った頃には、既に亡くなられてました...。

写真集といえば、私はまだ見てないけど、小学館から「名作写真館」というのが出てて、第4巻が星野さんの「アラスカ」。500円!

>Yukaちゃん
ワンコインで買える名作写真館、早速本屋に注文したよ。

「好きなことがやっていこうと思う」
Yukaちゃんがいつか言ってた言葉。
星野さんも友人を亡くした時に強く感じたみたいだね。

おお!こんなところにも星野道夫ファンがいたとは。
(ヨメさんとの初デートは星野道夫写真展でした^^)

「旅する木」って題名になってるお話って星野さんが気に入っている本に出てくるお話でしたよね。この本読んでみたいと思いませんでした?いつかは読もうと思い、はや○年。見つけたら教えて下さい。

あと、星野さんの写真集って、割と出回っているのでたま~に古本市とかに出ています。

要チェック!

>Shibayan
初デートが星野さんの写真展なんてステキ♪

4月からは若干東京に近くなるので、今度神田の古書店めぐりゆっくりしたいな~と思ってるんだ。
星野さんがアラスカにはまるきっかけとなった写真集も神田の本屋にあったんだよねー。

もとになった本、題名忘れちゃったけどきっと英語のような気がする・・・。
Shibayan和訳よろしくね!

はじめまして

はじめまして。
旅をする木を、ネットで調べていた時に、こちらにお邪魔しました。
そうしたら、私も『旅をする本』だとばかり思っていて
こちらのサイト様ではじめて『木』ということに気づいたのです(-_-;)
すごい偶然だとおもって、TBさせて頂きました♪
ありがとうございます。
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mizuhono.blog29.fc2.com/tb.php/100-048f17ab

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。