Mizuho's Diary

~MTB、山登り、Snowboad、いろんなことにチャレンジ!記憶を記録するブログ~

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 パキスタン地震~message from MIZUHO&YUKA~

*この記事は10月31日投稿記事ですが、12月4日に設定してあります。

*私の「思うこと」とユカちゃんからのメッセージをまとめました。

IMG_0162(2).jpg


地震、台風、津波・・・。

災害は差別なく襲ってくるという。が、今まで私の生活にほとんど影響を与えることなく、やがてその記憶は薄れていってしまう。

Img_0153(2).jpg


今こうしている間にも新潟ではまだ仮設住宅に暮らす人がいて、パキスタンでは怪我の手当てもままならない人がいる。

災害が起こるたびに湧き上がる「何か自分にできることはないのか?」という気持ちと「自分の身近でなくてよかった。それに私は何もできないし・・・」という気持ち。(医者や看護師じゃないから医療活動できないし、タレントみたいに行くだけで勇気を与えられるわけでもないし、ましてやポーンと寄付するお金もない!)

新潟中越地震の時はオーストラリアでMTBに乗っていた。今回起こったパキスタン地震の時は石川県にMTBのレースを見に行っていた。私は余暇を楽しむ余裕があるのに、被災地の人は・・・、なんて少し罪悪感を持ったりもする。でもそういうことを私が考えても仕方ない!とどこかで割り切っていた。コンビニのレジに置いてある募金箱に少しのお釣りを入れて、それでいいじゃないかと、私にできるのはこのくらいしかないのだと。

周りの人より少し(?)多く自然の中で遊ばせてもらっている分、自然が起こした災害(本当は人災なんだろうけど・・・)に対して何かアクションを起こしたい。結婚しているわけでも子供がいるわけでもない、日々の生活が超気楽な私にこそ何かできることがあるんじゃないかなー?そんな悶々とした思いを抱えつつも人並み程度に仕事をして、週末の遊びにいそしむ私。一人ではミジンコの力しかない。でも私には自然に対する考えを同じくする仲間がたくさんいるではないか!仲間のユカちゃんが「一緒に何かしてみよう!」と声をかけてくれた。まっこりんも協力してくれるという。自己満足でもいいじゃないか、実はみんなそうかもしれないし、と超ポジティブに頭を切り替え、まずはミジンコからゆくゆくは赤潮大発生(?)まで!

ミジンコに何ができるのかな?近頃記憶力が極度に落ちた頭で考えた。そして

問題についてみんなで考えたり、意識を持ったりすることが大事なのかな

と行き着きました。そうすれば、日々の行動にも反映されるしね。

そして具体的な方法としてはやっぱりお金が必要。
というわけで、援助金を募ります。自分一人だとなかなか振り込んだりしないよね。そう思っている人たちのまとめ役になれれば、と思います。

募金活動の詳細は上の記事を見てください。

これきりで終わりではなく、これがミジンコのstart地点。「細く長く」活動を続けなければ意味がない!三日(?)坊主になりがちな私をどうか、みんなでハッパかけてくださ~い。本当に一人では何もできない。




今回私Mizuhoが重い腰を上げるきっかけを作ってくれたユカちゃんからのメッセージです




本やCD、アウトドアグッズは買うのに、被災地支援にはささやかな募金をするくらいしかできなくて、実際には自分の生活が大事で。 何か私にできないか?と思いながらも、楽しい週末に震災のことも思い出すまではすっかり忘れてしまう。

....。そんなことの繰り返しの自分に悶々。パキスタンではこれまでの暮らしを取り戻すこともできずに寒い時期を目前に控え、「アッラーの神の御心のままに…」という思いが強くなってきているというのに。 同じ地球の上に明日を生きることが精一杯な人がいる中、片や自分は生活の潤いを求めたりしていて…。それでいいの?

先日、沖縄のHash友達がアメリカのカトリーナ被災者支援の募金ランをやった話を聞いた。 人に募金の輪を広げることを自分達の楽しみに組み込んで、いとも簡単に実施しているのを見て、「あ、特別なことじゃなくっても、こんなに簡単に力になれるんだ」と、何だか急に悶々とした気持ちがふっきれ、突き動かされるように現地にコンタクトしたのが今回の活動の始まりです。

現地の状況を知るために、パキスタンを旅する人には良く知られ、私達の旅友達やアドベンチャー仲間がたくさんお世話になっている日・パ旅行社のサイトにアクセスしたところ、NWAの支援募金へのリンクを見つけました。

NWAは日・パのスタッフが中心となって活動している支援団体。ここなら皆も良く知っているし信頼して活動できると思い、今回こちらへの募金を決めました。NWAのトクナガさんには、現地での支援活動が大変な中、問い合わせにもとても丁寧な回答を頂き、また写真の提供もして頂きました。現地からも少しでも活動の輪が広がって欲しいとの思い持って、日々活動されています。

それでいいの?
大分悩んだけれど、これは今の自分に与えられた状況なわけで、自分の生活に疑問を持たなくてもいいんじゃないかと私は思う。でもほんのちょっとそんな自分にもできることがあるはず。2,3000円のCDを自分の潤いのために買う余裕があるなら、その一部を人にために使えたっていいよね? 同じ思いを少しでも持って気軽に支援の力になれる人が増えたら、またそう呼びかける勇気を持つ人が増えればいいな、と思います。

せっかくやるなら、私に今回きっかけがあったように、何かのきっかけになれば、と、同じ思いで悩んでいる仲間と一緒に行動を起こしたくて、瑞穂ちゃんに声をかけました。返事は快諾、さすが行動が早い!瑞穂ちゃんのサイトから活動を発信することになり、ブログ記事が即効で送られてきた。

個人が日本にいながらできることは、正直大きなことはなかなかできないと思う。けれど、こんな私達の小さな活動が、皆に広がって大きな力となれば、と思います。
差し支えがなければ、周りの人にも是非この活動を伝えて下さい。
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mizuhono.blog29.fc2.com/tb.php/15-60d304bf

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。