Mizuho's Diary

~MTB、山登り、Snowboad、いろんなことにチャレンジ!記憶を記録するブログ~

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 知床Ⅱ~準備~

羅臼岳山頂より  
知床の夏山に行こう!と決めたのは三十路イベントを考え始めた6月ぐらいかな~。まだGWに見た景色が頭から離れていない頃だった。誕生日の7月連休にとも思ったけど、仕事は都合がつかずエア代もとてつもなく高かったので諦め、9月の連休に照準を合わせることに。
何かのイベント関係で連絡をとっていたゆっきーに「知床行きたいと思ってるんだけど一緒に行かない?」たまたま持ちかけると即OKの返事。それから下調べの毎日が始まった。結構これだけで十分旅した気分になったかも。
まずは北海道に上陸する足。2ヶ月前の発売直後なら安いチケットとれるはず。AIR DO スペシャル羽田→女満別¥12300というお得なチケットを発見。何事も早めに計画するのが大事だね。
あとは本番、現地での行動を考える。メールでやりとりしていてもあまり煮詰まらないので平日夜第一次合宿を決行!
北海道の地図縮尺のマジックにかからないよう気をつけながら、シャトルバスはどうだ、電車はどうだ、MTBは持って行く? あ!宿はどこにしようか、ここの温泉は絶対入りたいよね、などなど。実は最初知床岳→知床岬への縦走を考えていた。いろんな人の縦走記を読むにつけ、この日程&私達2人の今のスキルでは難しいし、何より熊とハイマツ地獄がどんな程度なのかよくわからないので不安になってきた。そこで今回は連山縦走と相泊から知床岳へのルートを下見しようと決めた。
検索&表作成が得意なゆっきーと知床関連の本を集めた私。いろんな情報をどんどん仕入れます。仕入れるうちに、何と硫黄山の登山口が規制で通行できないことが判明。徒歩もダメ。連山縦走は羅臼岳方面からの往復しかないとどこのネイチャーガイドのHPを見ても書いてある・・・。
『えぇ!私達には日がないの、それに往復なんてつまらないじゃない!!』
知床岬に行くためにと購入した本をひっくり返して読んでみる。何とか(私達でも)硫黄山に行けるルートはないものか。(お世話になった本、今ではすっかり愛読書:北海道の山と谷知床半島の山と沢) 山行レベル、時間、シャトルバスの時間など勘案してここなら行けそう!な沢を発見。結構記録もあって地図と照らし合わせて滝も何とかなりそう。あとはお天気次第ってとこか。
そして山以外の目的は宿(食べ物)と温泉。自分達の行動と場所をよ~く検討して、①岩尾別ユースホステル、②相泊・くまやど(日本最東突端がウリ)、③番屋北浜(新谷さんのカヤックツアーご用達、おもしろそうなので予約)、温泉はいろいろあるけど、相泊温泉セセキ温泉には絶対入ろうと決めた。
行動が決まって2ヶ月先の旅行が現実味を帯び、がぜん楽しみになってきた。と同時に安心しきっちゃってその後何の進展もないまま、はっと気づくと9月に突入していた。
北海道の山と谷<上><下>
北海道内の山屋のバイブル?
山梨の本も持ってないのに・・・

知床半島の山と沢
マニアックなルート満載
語りがおもしろい

山と渓谷社:知床
ネイチャーガイドのことがたくさん載っている
知床を歩く:立松和平
長年にわたるエッセイ集
貸し出しリミット、読了せず
スポンサーサイト

コメント

いちばん気になったのは猫山かな。
薫別側から見るとすげーかわいいの!

>ぐっちー
本で猫山確認しましたよ。
ホントに猫っぽくてかわいいね。
でも延々藪こぎっぽいね・・・。
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mizuhono.blog29.fc2.com/tb.php/161-8b14f57c

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。