Mizuho's Diary

~MTB、山登り、Snowboad、いろんなことにチャレンジ!記憶を記録するブログ~

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 知床Ⅴ~すぐそこにある国後~

海岸線に落ちていたシカの骨
ここでは当たり前の風景
 
これでやっと三十路記念知床tripは完結!ふぅ~。

【9月18日】いつか行く岬へ、下見day
くまやどのおじさん&おばさんによると知床岳に登ることはもう珍しいことではないらしい。心配されなかったし、この夏もガイドツアーで大勢登っているという(ノマド御用達の宿みたい)。安堵の気持ち半分、がっかり半分。ともかく自分達の予定通りウナキベツ川河口まで行ってそこから山道を少し見てみようと行動。
その前にやっぱり温泉は押さえておかないとね。早起きして相泊温泉へ。北海道の一部かと見間違うくらい、手の届きそうな近い場所に国後島があった。そしてその島の合間から夕日みたいな真っ赤な太陽が出てきた。いつも自分が見ている太陽と同じものなんだろうか?

相泊は道路の終点。そこから海岸沿いを歩く。途中の番屋までは車が入れるほど整備されていた。二日間の疲れが程よい運動で徐々にほぐれていくのがわかる。海鳥や地層をボーっと眺めたり、漂着しているゴミを見て物思いにふけりながら、ウナキベツ川手前の観音岩に到着。海岸沿いに行くと思い込んでいた私達は初め固定ロープが張ってあるルートを見つけられずに、あわや数百メートル泳ぐ覚悟を決めていた・・・。いくら天気がよくても北の海は冷たかっただろうな(笑)
ここ羅臼側の景色は半島反対側の斜里側とはまた風景ががらりと違う。海岸線が絶壁ではないのもそうだし、あまり観光地化されてない庶民的な雰囲気。歩みを進めるたびに近づく感じの国後島。空を飛ぶ鳥や海を泳ぐ魚には関係ない、普段の生活では感じることのない目に見えない境界線がそこでは見えるような気がした。
来た道をてくてく戻りまた相泊まで。その夜お世話になる番屋北浜のご主人:石田さんが迎えに来てくれた。ありがとう!!石田さんは北海道新聞の大いなる知床に記事を書いている。私はお世話になると決まる前からそのコラムを読んでいて、こういう些細な偶然もとっても嬉しかった。番屋北浜は自炊宿。縦走時の残りの食料と石田さんより寄贈のアイヌネギの漬物と鮭トバ&ホッケで立派なDinner。友達の家にいるような感覚でゴロゴロしながら本を読んだりして過ごした。中でも、石田さんの知床の山々のスキーの写真!また知床に来るきっかけができちゃった。

GW、9月と一年に2回も知床を訪れるとは思ってもみなかった。両方とも思い出そうとすればすぐにでもその時の景色が浮かんでくる。(誰にともなく)よい旅をさせてくれてありがとう。きっとまた行きます。
朝4時に起きて相泊温泉に行く
ちょうどクナシリから朝日が昇る!
小屋は9月下旬には撤去される
朝一のため熱すぎてほとんど浸かれず 熱湯!!
知床岳登山口(ウナキベツ川)を目指して海岸を歩く ゴミがたくさん! 今日は荷物無いからゴミ袋持って歩けばよかった ウナキベツ川の番屋浜には人(環境省のレンジャー)がいた 見回り中人に会ったことがないのか、私達を見て相当びびってた(笑)

知床岳はもはや秘境の山じゃなかった 踏み跡くっきり、マーキングテープもしっかり

観音岩には固定ロープ設置 見つける前防水バックに空気入れたり真剣に泳ぐ覚悟をしていた
初めて見る鮭の遡上(真ん中上辺り)に圧倒された 腹を割かれイクラだけ取って捨てられている個体も 番屋前に昆布が干してあった これが後々山梨ではとても買えない高級羅臼昆布になるのか!
番屋北浜にお世話になりました 管理人の石田さんは相泊温泉の管理人でもあります 翌日帰る日、知床倶楽部でバスを待ちます ゆる~い時間の流れがいい感じ
スポンサーサイト

コメント

ありがとうございます

たまに拝見していましたが、ウチのことが出ていてびっくりです。宣伝(?)ありがとうございます。
こちらは晩秋を迎え、雪がちらついてきました。現在は越冬準備に追われている毎日です。
冬にお待ちしていますよ。

この場をお借りして宣伝しちゃいます

冬シーズン到来 おおばっちが目覚めてきました
今シーズンの全日本ボブスレー大会には 2人乗り 4人乗りで 出場します
大会 当日の 日程時間は 1月6日 10時~ 公式練習1本目 男子2人乗り シニア・ジュニア 女子
11時10分~ 公式練習2本目
14時半~ 公式練習1本目 男子4乗り
15時10分~ 公式練習2本目 男子4人乗り
7日 競技会 大会日 も公式練習と同じタイムスケジュールの予定です
よかったら遊びに応援に来て下さい

>番屋北浜さま
何と!この稚拙な文章のブログを読んでいたとは。
これからもどうぞよろしくです。
ぬくぬく育っているので知床の冬の生活に短期間でも耐えられるか心配ですが、
ストーブに薪をくべるくらいはお手伝いします。(薪割りしろって?)

>おおばっち
そちらもシーズンインですね。
怪我のないよう頑張ってね。
アスリートチックで一発集中のボブやスケルトンは私の性格的に合いそうもありません・・・。
素質はあると言われたんだけどねぇ。
ふら~っと見に行く時はよろしく。

すごいな~、観音岩 笑
先日の尊武山くらい危険だ!

>1号
見た目ほど危険じゃなかったよ(笑)
泳いでたら私はもっと危険だった。
尊武山にも登ってみたいなー。
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mizuhono.blog29.fc2.com/tb.php/178-ac3fe041

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。