Mizuho's Diary

~MTB、山登り、Snowboad、いろんなことにチャレンジ!記憶を記録するブログ~

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 雪山講習会:栂池高原

今回講師を受けてくれたしんちゃん 手にしているファットスキーは何と手作り!  
【12月10日】
本格的なSNOWシーズンに入る前にリスク管理はしておきたいよね、と雪山仲間で勉強会をすることにしました。どうせまだまだ雪も少ないし・・・。せっかくやるのなら、と山岳ガイドのしんちゃんにお世話になることに。引き受けてくれてどうもありがとう~。

場所:栂池高原スキー場栂の森ゲレンデ(クローズ中)
メンバー:しんちゃん、よっちゃん、ひろっぴ、ヒコマサ、J、ヒデさん、てつやさん、BORIさんmakkonamy、Mizuho
内容:AMビーコントレーニング(基本操作、実地トレ)
PM使えるロープワーク(エイトノット、ムンターヒッチ)

大月在住になって白馬に遠くなったので道連れを物色(?) 滑りたくてウズウズしているよっちゃんが釣れました(笑) 山岳スキーやアドベンチャーレースでの経験が豊富な彼は、いろいろアドバイスしてくれました。予定外の埋没もしてくれたし。

詳しいレポはnamyのページにて!ほんとよくまとまっています。
2グループに分かれて捜索シミュレーション ロープワークの最後に懸垂下降
今回の勉強会で完全というわけではないし、「やった気」になって安心してしまうのはもっとNGだと思う。いくら練習シミュレーションしても実際その時の状況判断が一番大事なわけで。常に先を考えて行動し、パニックになっても外面にはそれを出さない努力をしようと思った次第なのでありました。装備など持っていれば安心なものは数あれど、がさばるし重くなるしそんなに増やせない。だから一つのものでいろいろ代用できるような知識を持っていればよいな~と感じました。ロープワークもしかり。数ある結び方を覚えるのは退化が始まってる脳みそにはムリ!今回教わった2つでかなりの場面はクリアできることがわかったのでもう他は覚えません(笑) 下降器なしでの懸垂下降の方法やスキーをアンカーにする方法など今まで知らなかったことを教えてもらってよかった。ロープワークをしなければならない山に冬は積極的には行きたくないなぁと思ったけど、しんちゃんの「どんな山でも一歩が危ない時、知っていればすぐにロープ出せる。知らなければ出せない。出せば安全の確率が格段に上がる、その差は大きい」の言葉にほほぉーと感動。
今回リスク管理の第1段階を確認したわけですが、実際使うことにならないようリスク管理することが一番大事。事故なく雪山を楽しめますように!
スポンサーサイト

コメント

その板は!

しんちゃん完成させたんだ!
カヤックと同じようにストラデバリウス(バイオリン)ばりのウッドだね!工作大好きの私でも、しんちゃんの大工仕事には舌を巻くなあ。
装備にロープ20mも追加ですか?
ルート次第ですよね。やっぱ雪庇が出来るようなところはあった方が良いかなあ。

今度ロープワークなぞ、勉強したこと教えて!

>k1roさん
k1roさんのライトやGPSマニアぶりも十分巻き舌ものですよ。

ロープ知らないルートに行く時などは装備していったほうがいいですよね。
8mm×30mあるとよいって言ってました。
沢にも使えるから購入検討です。
普段の山にはシュリンゲを携行するつもりです。

>1号
そうね、人に教えた方が勉強になるもんね。
諸々共に修行しよう!
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mizuhono.blog29.fc2.com/tb.php/182-a4930a7e

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。