Mizuho's Diary

~MTB、山登り、Snowboad、いろんなことにチャレンジ!記憶を記録するブログ~

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 冬山講習会

雪山って絵になる♪
穏やかなテント場
 
2月8~11日まで長野県山岳総合センターの冬山講習会に参加してきた。人気講座みたいで抽選漏れすることもあるそう。長野県民は優先されるらしいけど。若い(受講生の中では!)女性の私も一応優先されたらしい・・・。

事前に宿題も出され、ドキドキ参加。初日はセンターで机上講習や買出し、荷物のパッキングなど。私の班は一般参加(通年のリーダーコースと併催)の部だったので、皆初顔合わせ。こういうの緊張するよね。班の中では私が一番雪山登山の経験があるみたい。
2日目からいよいよ山へ。雪山で2泊したことないので楽しみ♪鹿島槍スキー場トップからわかんじきを履いて登る。スノーシューで歩き慣れているせいか歩きづらい。それにしても、荷物が重い。こんなの背負って山に入っている人達すごいなー。まあ、体力有り余る私は歩く疲れよりも、弱層観察や雪洞などで雪掘りまくった腕の筋肉痛の方がひどいですけど。

山での講習内容は、テントの張り方や水の作り方などの生活技術、雪崩埋没探索訓練、弱層観察、雪洞の掘り方(我が班は6人用、他は緊急ビバーク用)、ロープワーク、ルートファインディングなどなど。指導してくれる講師達が皆「THE 山屋」という感じで、昔の話や今まで経験してきた山のことなどの話がとても面白かったし、参考になった。皆総じて奥様に弱いという共通点もあり。山を続けるには、「愛妻」が永遠のテーマのようです。
講習は班員のレベルや要望で講師が適宜決めてくれるのがこの講習会のよいところかな。あと値段の安さ。18000円で宿泊費、食費、団体装備代、テキスト代まで全て入っていた。しかも酒付き!オススメなのでぜひ皆さん受講してみて下さい。

最終日は見事に晴れ渡り、爺ヶ岳や鹿島槍ヶ岳の眺めが素晴らしかった。遠く妙高や八ヶ岳まで一望。この講習会は例年吹雪で景色堪能どころか激ラッセルで、今回のような天気は珍しいんだって。やっぱり私晴れ女!?

同じ班に松本のカメラマンがいたので、その方から写真を頂いたらまたアップしま~す。
私のカメラは雪洞内で共に眠ってしまったため、結露しちゃって使い物になりませんでした。
大型ザックにたんまり荷物 スキー場に不釣合いな人達が歩いてます 雪洞構築 入り口を小さく一段小さくするのがポイント 大変だった
スポンサーサイト

コメント

ちょっとちょっと、

そーゆーのはやる前に教えてくれないと・・・(´・ω・`)ショボーン

あらあ

たのしそー
それいきたいー


おぉ山屋さん系の講習会だったのね。

しかしわかんじゃなきゃダメなの・・・?

いい!

いいね、それ!すごく勉強になりそう☆
そんなに本格的にBCやらないと思うけど、そういう知識は持ってて損はないよね!
酒つきってとこがまた♪(笑)

>はまっピぃ!
そういうのは自分で調べるんだよー!
常にアンテナはってないとね。

>ふぢさん
5月に針ノ木雪渓で講習あるそうですよ。
いかがですか?

>numanさん
もろ「山屋」ワールドでしたね。
スノーシューだと重いし、下れないからだそうです。
アイゼンと一緒につけれるみたいですよ。
春山で試してみようかな。

>Meg
結局何事も自分でやらなきゃ覚えないけど、
そういう機会を作れる講習会はいいよね。
お酒は「もういいです」って言っても出てくるよ(笑)
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mizuhono.blog29.fc2.com/tb.php/249-76bce721

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。