Mizuho's Diary

~MTB、山登り、Snowboad、いろんなことにチャレンジ!記憶を記録するブログ~

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 snowboad11:デブリーランド飛騨沢

オープンバーンを滑り終わって小屋に到着 とりあえず、乾杯 帰りの荷物を減らさなきゃ!!  
まず、デブリって何だ!?と思う人(それは私)のために。*デブリ・・・登山で、崩落した岩石・雪・氷などの破片、またはそれが積もった小山。 フランス語だって。山用語はみんなドイツ語だと思ってたけど、いろいろあるのね。

【3月22日-23日】新穂高~飛騨沢
昨シーズンnumanさんとk-boさん、ヘロ丸達がトライしたものの、全く視界が無く、滑ってるんだか、止まってるんだか、という状態だったらしい。その後numanさん、k-boさんは日帰りアタックを敢行したが、カリカリだったみたい。今年こそは!と再リベンジを意気込み、これに私も参加させてもらうことにした。

メンバー:numank-boけヴぃ、Mizuho(snowboad)

<1日目>
金曜日入っていた飲み会をキャンセルして、そそくさ準備。だいぶ泊まりの装備準備も慣れてきたけど、重いなぁ・・・。まず、私は集合場所までたどり着くのが第一の核心。大月~松本~安房峠~新穂高温泉の道のりで、松本からが山道なんで心配してたけど、しょっぱな中央道で山梨から出ないうちに睡魔が襲来。たっぷり寝てしまい、それから頑張って運転したが到着は4時半になっていた。動き出しは6時!大丈夫か!?私。

天気は予想通り快晴。山に行くたび、天気にはものすごく恵まれてて幸せ。今回は正月にケガしたk-boさんの山復帰戦。・・・この山行が復活って、ようやりますわ。numanさん、k-boさんは2度来ているので、行程を把握していて心強い。「すごいデブリーランドがあるよ」とは聞いていたけど、去年は無かったという林道にまで数々のデブリ。こんなのに頭打たれたら・・・。全層雪崩、春山を感じます。けど、怖すぎる!!
まず林道歩き
体力温存のためポチ作戦
沢沿いに進んでいく
北アの山々がお出迎え
出た!一面に堆積したデブリたち
様子を伺いながら慎重に進むけど、この重荷じゃとても逃げられない!
雪虫がたくさんいた まるで蚊のようにブンブンと 実は初めてこれが雪虫だと知った
ジャンダルムや奥穂高岳 何度も何度も振り返った rider:Mizuho 暑さ&重荷でバテバテだが、この森を抜ければ本日のゴール!rider:numan
7時間近くかかって本日のお宿に到着。あわよくば、身軽になって1~2本滑ろうなんて思っていたけど、陽だまりでダラダラしているのがひじょ~に心地よくとてもそんな気になれない。ま、明日という明るい未来があるさ。小屋に入って宴会開始といきますか。ワイン2リットル、焼酎、ビール10本以上・・・・。出てくる出てくる非効率な荷物達。おいしい塩豚鍋とともにどんどん消化していきます。もちろんこのメンバーでは私が最初に撃沈。
お世話になった槍平冬季小屋 広くて快適(雪洞掘る労力も不要!) 利用料¥1000を箱に入れます 私以外は同じメーカーの板(珍しいのに) 板と山を眺めながらビール飲んで昼寝 誰も滑りに行こうとしない(笑)
仏壇ろうそくとけヴィ持参のにせ(LED)ろうそくで、さながらどこかのBarみたい? numanさん特製の塩豚鍋 完璧据え膳でした あまりに美味しすぎて自分でも作った
<2日目>
昨日酔う前に時間等決め、たっぷり睡眠。気温はかなり高いが、快晴とまではいかない高曇り。標高の高い場所の雪が緩むか心配だが、黙々と登る。やっぱり荷物が軽いと違うね~。復活のk-boさんも足取り軽く登ってます。帰りのデブリーランド通過の時間も考え、ドロップ時間を12時と決めて飛騨乗越手前2900mくらいでドロップ。槍の穂先はまた今度。最初はカリカリでどうしようかと思ったけど、とりあえずエッジは噛むし、大展望の中滑るのはかなり気持ちいい!大きく大きくターンしようと思っても、広い飛騨沢の中自分のラインなんてホントちっぽけ。
あっという間に小屋に到着。は~、楽しかった。この1時間弱のために合計11時間2000mも登ったんだなー。これから先の帰り道を考えるとゾッとするけど、とりあえず乾杯!そして、デブリーランドへ。時間はかかったけど、終わってしまうと「行ったぞ」という充実感と何ともいえない寂寥感。滑りの効率の悪い山行だけど、きっとまた行くと思います、私。いつかパウダー当ててみせるぞ!!
寝不足解消され、荷も軽くなり、いざ行かん!目指す稜線はまだ見えない rider:numan 高度感が出てきた 雪がやわらかくなるためにも日差しが欲しいところ
飛騨沢上部2500mくらい 広すぎて視界がない日は夢遊病必至ですな rider:k-bo 飛騨乗越直下 気持ちよさそうに見えるけどカリッカリ!「こわ~」と叫びながらターン rider:けヴぃ
こ~んなに広いところに私達だけ!いつかは向こうに見える双六方面にも行きたいな rider:numan 中下部はナイスザラメ&バンクの連続♪当て込み放題です rider:numan
すごいロケーションを滑ってるんだなー この飛騨沢を怪我からの復活戦に選んだk-boさん 気持ちよい滑りはつかの間 帰りもデブリアトラクションが待っている~ 果敢に攻めるけヴぃ
時には板をはずして歩くことも こんな時スキーの方がいいなと思うのだ 林道もあまたのデブリ越え 3月の高温の影響かな もうすっかり春山の気配

Thanks:numan、k-bo、けヴィ
スポンサーサイト

コメント

おっ!アップ速いねぇw

お疲れさまどしたぁ。
天気も良かったし楽しかったねぇ。
ここは2泊くらいでのんびりもいいかもね。
あ、酒の量が大変なことになるか・・・

お疲れでごじゃる。

今回は飛騨沢滑りは大変やったけど楽しかったな。
とうとうデブリランドという名前までついてしまって…。
そんなデブリだらけの山にケヴィンは板を外すして歩くのはめんどくさくて性懲りも無く一生懸命滑っていったのが後ろから見て笑けたわ。

みんなの日記も見てて、大変だけど楽しそう☆、・・・だけどやっぱり私にはできんな(^^;)と感じます。。。

>numanさん&k-boさん
お疲れ様でした。
その後某H先生とF名人が飛騨沢行くもホワイトアウトで大変だったと
山スキーMLで流れてましたね。
私達はタイミングがよかったみたいですね!

>Meg
いや、きっと君にもできるよ。
まずは、道具を揃えるのだ~。
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mizuhono.blog29.fc2.com/tb.php/258-6881f3cf

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。