Mizuho's Diary

~MTB、山登り、Snowboad、いろんなことにチャレンジ!記憶を記録するブログ~

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 snowboad17:女子の集いin立山

コピー ~ DSC02227
剱沢にて 雄峰・剱岳は下部のみしか見えず、残念! photo by Kuroda-san

【5月24-25日】
オリンピック選考会のRieちゃん応援に行かずに私は何をしていたかと言うと・・・。
女子8人(+男性講師2人)で立山に行っておったのです、雨の中。
珍しくイベント事に天気が思わしくなかったな。ま、これも訓練ということかしら。

普段はなかなかゆっくり考えられないロープワークや道具のこと、地図読みなどなど。
「Mizuhoは性別カンケーないだろ!」
という声が聞こえてきそうだけど、やはり女性は男性に比べて非力な面がある。
混成パーティーだとどうしても男性を待たせてしまったり、道具や気象のことなどに詳しい(マニアックな)男性に遠慮して自分の意見が言えなかったりする。(・・・ことありませんかね?>女子の皆さん)男女一緒に行くことが多いフィールドだからこそ、一回女性の視点からだけでリスク管理について考えてみたかった。

そんなわけで実現した今回の女子キャンプ。
言いだしっぺの私が全日程参加しないのはマズイ。
土日ともあいてて、講師ガイドの黒田さんの都合が良い日程となるとこの日しかなかった。
>Rieちゃん&ダンナ
ちゃんと赤いTシャツ着て祈ってたよ!雨だから綿は着てきちゃダメと言われてたけど・・・。

メンバー:makkoくぼっち、ヤナギ、hiro、ケイコ、take、かーさん、Mizuho
みんな年齢も住んでる場所もバラバラ。
面識無い人同士が多かったけど、類トモですぐに馴染む。みんなありがとー。

詳しい内容は、今回覚え書き別に作ったのでblog上にはナシ。
・雨だったので室内の講習メインになってしまったのが残念!
 実地は自分達で遊びながら、だね。
・この時期には泊まれないという剱沢小屋に黒田さんのおかげで宿泊できた。
 しかも、今夏建て替え。
 映画「剱岳 点の記」に前面協力してるそーです。
 立山なのに風呂ナシ!?と最初は???だったけど、貴重な体験でした。
2年前に乗れなかったロープリフトに乗れた!わ~い。
・帰りのアルペンルートは貸切♪
 だけどJAF割がきかなかった。クーポン券なんてもらってないよ~。

コピー ~ DSC02226
現代版「剱岳 点の記」ぽくない!? photo by Kuroda-san
雨で葉っぱ等が流れて、滑るには快適な雪になっていた。
4f42.jpg
剱沢小屋前にて Rider:Mizuho photo by hiro
「ナマステ」ってカタカナで書いてネパール人にわかるんかな・・・(笑)
雪の重みで小屋はだいぶかしがっていた。
cfc2.jpg
こんな感じで女性だけでもできそうなセルフレスキューを教えてもらった。

私はシーズン初めに練習兼ねてやればいいかなと考えていたのだけど、
黒田さん曰く、
「シーズン前にやるより終わりにやって、オフ期にできることを考えた方がいい」
とのことで、急遽5月に実施した。
聞いた時は、ふ~ん、そんなもんなのか・・・。
でも今は黒田さんの言う通りだったと思う。
このシーズンを踏まえて使ってる道具や保険を見直したり。
行った場所の地図を見て考えたり。
夏にやる遊びの中でも冬のことを意識してできそうな気がする。

何よりリスクを減らすには「体力」が一番大事だって。
自分の考えが正しいことを確認できたので、来シーズンも「ご安全に」楽しむぞ!
シーズン中ご一緒した皆さま、どうもありがとうございましたー。
スポンサーサイト

コメント

次は

mizuho、いろいろありがとね。
8人揃うとすごいわ。
雪なくてもできることたくさんあるから、
また集合しましょ。

一に「体力」、二に「体力」、三、四に「ナビゲ」、五に「根性」。

山登りの鉄則ですねえ。

みずほちゃん、今回はホント色々ありがとう~。

バックカントリーに限らず、アドベンチャーでも体力が一番大事かも。
体力ないと地図読みも出来ないし・・・

私も、もっともっと鍛えるぞ!!

お疲れでやんす。
無事に終わってよかったね。
もう1泊あっても良かったかも。2日間は、短いねん。

もっともっと経験積んで、勉強して、体力つけて、楽しみましょい!

リスク

うーむ。
おやじがうるさい事言いますが。。。
体力を付けようとする、行動はリスクを減らすために役立つと思いますが。体力はリスクを減らすとは私は思いません。
なにがリスクか、自ら知ろうとする事。かな。
私も、このあいだ出版された雪崩ハンドブック読み始めています。こいつはかなり厚いので大変です。
http://nadare-net.jp/2007/12/post_7.html
まず、
『Free Riding in Avalanche Terrain 日本語版』
http://nadare-net.jp/product.html#p1
こちらから。借りずに、ちゃんと買ってね。
あ、もう持ってるかな。

>くぼっち&すまき&makko
今さらですが、お疲れ様でした。
女子トーク炸裂で大騒ぎ?になるかと思っていたけど、
みな真剣そのものだったね~。
経験積むのも、鍛えるのも、勉強するのも、楽しみながらやっていこう!
私達は楽しむためにやっているのだから。

>ももら~
「根性」って久しぶりに聞きました(笑)
昔は好きな言葉トップ10にランクインしてたらしいですけど、
今は圏外だそうですよ・・・。
でも好きなことをやり続ける根性は持っていたいな。

>k1roさん
体力がリスクを減らす場面は私は多々あると思います。
k1roさんが言うように、「体力をつけようとする」過程で行うことが
結局リスク回避になっているのかもしれませんが。
早く登れれば行動時間を少なくできる。
登りでバテて下りでヘロヘロになることもない。
ヘロヘロになるとケガする確率も高くなるし、
冷静な判断ができなくなる、
そして有事の時に体が動かない、なんてことも出てくるかなーと。

雪崩ハンドブックはまだ読んでません。
図書館にリクエストしようかなー。
Free Riding in Avalanche Terrainは英語版を持ってます。
英語力ゼロなので(汗)、数年前に初めて読んだ(見た)時は
何が書いてあるかさっぱり???でしたが、少し経験積んで
最近やっと内容が理解できるようになりました。(ホントか?)
日本語版あるんですねー、見比べてみよう。
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mizuhono.blog29.fc2.com/tb.php/272-d5c247a8

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。