Mizuho's Diary

~MTB、山登り、Snowboad、いろんなことにチャレンジ!記憶を記録するブログ~

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 snowboad15:はくばおさめ

DSCN3389.jpg
白馬三山をバックにご満悦のk-boさん

【5月5日】
4日間あるお休みで滑りに行けるのはこの日だけ!
天気悪いのわかっているけど、効率悪いの重々承知だけど、行っちゃうんだよねぇ。
滑るのだけが目的じゃない。
仲間と会ってしゃべって、おいしいもの食べて、大好きな景色を眺める。
ぜいたくな趣味だなーと最近感じる。

前の2日間程よく滑ってるk-boさん達はもうまったりモード。着いたら正座してるし。
「そんなんしても、私来たんだから滑りますよー」
まあ、天気も時間もイマイチなので、白馬47のゲレンデで遊ぶことに。
一反木綿みたいなほっそい雪のある場所に、雪を求めて集まった人、人、人。
そしてコブ!
滑る量が少ない私にとっては修行でしたわ。でも楽しかった。

その夜はnumanさんにリクエストして中華鍋を作ってもらった。
塩豚鍋も感動モノだったけど、これもまたすんごくおいしい!!
何度も書くけど、料理のできる男の人ってステキ☆

レシピ覚え書き
タレ:豆板醤、醤油、オイスターソース、刻みネギ←これに熱したごま油をかける
具:ネギ、白菜、豆腐、えのき、鶏肉などなど。鶏がらだしで煮る

翌日はすっきり快晴。
白馬納めに青空&白馬三山見れてよかった、よかった。

Thanks:numan、k-bo、kv象、くぼっち、亀岡チーム、makko、ヘロ丸&しーのー

 snowboad14:白い山

コピー ~ DSCN3366
双耳峰が見えた!気合で天気予報をくつがえした晴れ女の私

【4月27日】
まだ雪山に片手で数えられる程しか行ったことのない4年前いきなり体験してしまった。絵のような風景が広がるその名の通りの白山。長い林道をMTBでアプローチして、その後数時間ハイクした人だけが見ることができる感動的な風景と気持ちの良い斜面。当時は今より若くて元気だったが、経験が足りなかった。スノーシューで急斜面が全く登れず、途中から滑り出した。その時登れないことがすっごくすっごく悔しくて、いつかまた行きたい!ってずっと思っていた。

飛騨沢でnumanさんがポロッと「白山東面台地行ってみたいよな~。」
私は聞き逃さなかったよ。すかさず、「いつ行きます?○○日は??」
行くことが決まればこっちのもの。無理矢理ヒデさんと知床でお世話になったロボさん(岐阜に転勤になった)も道連れにして決行!

甥っこの初節句でたらふく食べた後いざ出発。雨がザーザー降っている。でも明日は晴れ予報だもんね!深夜?明け方?2時半。道の駅に集まり林道入り口へ移動。暗い中荷物をパッキングする。駐車スペースには車がすでに10台ほど。いつの間にか人気スポットになっているみたいだ。ここからのMTBが長いんだよな~。
14631383_3735966215.jpg
約2時間ペダル回し続けてやっと着いたよ。これから登る崖を見上げる。photo by numan
コピー ~ DSCN3361
下部のぶな林を抜けるとこれまたステキな疎林の台地へ。rider:ヒデさん
14631383_3146490505.jpg
2000m付近で双耳峰を見ながら休憩。4年前はここに至る急な斜面にとても手こずったのを、現地に来たら鮮明に思い出してちょっと身構えたが、今回はあっさり登れた。成長の証。まあ、アイゼンだったからっていうのもあるけどね。これから、真ん中のコル目指して登るのだ!photo by numan
コピー ~ DSCN3372
御前峰に向かって最後の登り。rider:ヒデさん
ここに来るまで振り返ると高度感たっぷりで眺めヨシ!なんだけど、急斜面の途中にポツンと立っていると思うとゾクゾク怖くなって立ち止まれなかった。
コピー ~ DSCN3378
コル直下の斜面が思っていたより良さそうだったので、そこを滑ることにする。
少々天気待ちしてこの青空!rider:numan
先行パーティーが奇声を発して滑っていた(後からふくさん達だと知った)気持ちよさげな転法輪谷へは途中からトラバース。
コピー ~ DSCN3380
そこに現れた最初の急な新雪と氷のミックス斜面が今回私にとって最大の難所。まだまだ修行が足りませぬ。でもそこさえクリアすれば、あとはホント快適ゴキゲンなカール。ロボさんはものすごいスピードで滑り降りて行った。「北海道では経験したことのないよいザラメで感動!」だって。
14631383_3551637787.jpg
時間かけて登った斜面も滑ればあっという間。
あそこから滑って来たんだな。phpto by numan
コピー ~ DSCN3382
全く雪が無い崖をおっかなびっくり下って終了。お気に入りのウエアがドロドロだよ!
あ、終了じゃなかった、爽快MTBが残ってた。

いや~、下山したら疲れがどっと出たね。山の疲れに睡眠不足に車の運転。安房峠越えた記憶が全く無いよ(怖) ここがもう少し近かったら言うこと無いのに。

そういえば、4年前snowboadで東面台地に来たのは私達が初めてじゃないかという話が出たけど今回も他にボーダー見かけなかったな。世のBCボーダー達はどこに行ってるのだ?ここは(とてつもなく)アプローチ長いけどsnowboadにも向く山だと思う。道迷いの危険も少ないし、滑りも楽しい。何と言っても景色がよい。ボーダーの皆さま、MTB買ってぜひ行きましょ~。

 snowboad13:日本のパタゴニア

【4月19-20日】+α(移動)
どっかのサイトに
「鳥海山は日本のパタゴニア」
と書かれていた。風が強い揶揄らしい。
みんなに言ったらそんな大げさな、と言う。

が、しかしこの日はローカルの人も初体験だというくらいの強風!
天気が回復する兆候さ、と夜は飲めや歌えやの晴れ祭り(=大宴会)をしたが、
風に寄りかかって空気いすができるほど。
ザラメが痛い!!
コピー ~ fd3938eba6aa24de77f1d328fb8f7deb

外輪山の稜線を目指すももちろん断念。山頂からの大滑降はまたの機会。
パタゴニアを体感できたのも貴重かな。
快適すぎる滝の小屋で芋煮を食べたり、あらかじめ荷揚げしてくれていたビールやお酒を飲んでいる時間の方が圧倒的に多かった初鳥海山。
DSCN3349.jpg

今回は酒田に知り合いがいるみきてぃにとことこくっついて行きました。+わんこ
自分でもどうかと思う強行軍だったが、無事帰還。
みきてぃ、運転ありがとー。テレマークターン決まってる!!
middle_1208788857.jpg
middle_1208788991.jpg
滑る斜面は無限大の鳥海山。また行かねば!
待ってろよ~~、パタゴニア(日本の)。
それに酒田はお魚もお米もおいしいらしいし。

所変われども、雪山で知り合う人たちって何ですぐ打ち解けられるんだろ?
山形DNAが半分入っている(母親が山形出身)から、親しみやすかったのかな。
何にしても、ありがたいことです。

Great thanks:イトケンさん&ケンケンさん&オートモチック&Oがたさん&みきてぃ

 snowboad12:女子ふたり

【3月30日】
冷たい飲食物はビール(しかもアサヒはNG)しか受けつけないという身体の持ち主、
くぼっち姉さんと2人で白馬金山沢に行った。

栂池ゴンドラからは、輝く唐松沢が見えます。
きれいだなー。
楽チンロープウエーアクセス。あっという間に高度を上げられるのが白馬の魅力でもある。
DSCN3292.jpg
ツアーが何組も入って大盛況だったけど、上まで登ろうとしたのは私達のみ。
何とこの時期で膝ラッセル。
交代でラッセルするも天気下り坂ということもあり、途中で敗退。
ドロップイン。

2人なので止まらずスイスイ。
止まらないので、足がパンプ気味に。
山はリスクを減らすためにもスムースに行動できるのがいいね。
女子2人でいろいろ意見も交わせたし有意義でした。

帰りに寄ったカレー屋(瑞穂地区にあるよ!)で山岳写真家の菊池哲男氏
「山に登られる方ですか?」
と声をかけられた。そんなに見た目そのまんま??←そのまんまか・・・

*先日白馬に行った際に菊池氏のギャラリーに行って来た→makkolongy
写真家は忍耐強くないとできない職業ですね。

 snowboad11:デブリーランド飛騨沢

オープンバーンを滑り終わって小屋に到着 とりあえず、乾杯 帰りの荷物を減らさなきゃ!!  
まず、デブリって何だ!?と思う人(それは私)のために。*デブリ・・・登山で、崩落した岩石・雪・氷などの破片、またはそれが積もった小山。 フランス語だって。山用語はみんなドイツ語だと思ってたけど、いろいろあるのね。

【3月22日-23日】新穂高~飛騨沢
昨シーズンnumanさんとk-boさん、ヘロ丸達がトライしたものの、全く視界が無く、滑ってるんだか、止まってるんだか、という状態だったらしい。その後numanさん、k-boさんは日帰りアタックを敢行したが、カリカリだったみたい。今年こそは!と再リベンジを意気込み、これに私も参加させてもらうことにした。

メンバー:numank-boけヴぃ、Mizuho(snowboad)

<1日目>
金曜日入っていた飲み会をキャンセルして、そそくさ準備。だいぶ泊まりの装備準備も慣れてきたけど、重いなぁ・・・。まず、私は集合場所までたどり着くのが第一の核心。大月~松本~安房峠~新穂高温泉の道のりで、松本からが山道なんで心配してたけど、しょっぱな中央道で山梨から出ないうちに睡魔が襲来。たっぷり寝てしまい、それから頑張って運転したが到着は4時半になっていた。動き出しは6時!大丈夫か!?私。

天気は予想通り快晴。山に行くたび、天気にはものすごく恵まれてて幸せ。今回は正月にケガしたk-boさんの山復帰戦。・・・この山行が復活って、ようやりますわ。numanさん、k-boさんは2度来ているので、行程を把握していて心強い。「すごいデブリーランドがあるよ」とは聞いていたけど、去年は無かったという林道にまで数々のデブリ。こんなのに頭打たれたら・・・。全層雪崩、春山を感じます。けど、怖すぎる!!
まず林道歩き
体力温存のためポチ作戦
沢沿いに進んでいく
北アの山々がお出迎え
出た!一面に堆積したデブリたち
様子を伺いながら慎重に進むけど、この重荷じゃとても逃げられない!
雪虫がたくさんいた まるで蚊のようにブンブンと 実は初めてこれが雪虫だと知った
ジャンダルムや奥穂高岳 何度も何度も振り返った rider:Mizuho 暑さ&重荷でバテバテだが、この森を抜ければ本日のゴール!rider:numan
7時間近くかかって本日のお宿に到着。あわよくば、身軽になって1~2本滑ろうなんて思っていたけど、陽だまりでダラダラしているのがひじょ~に心地よくとてもそんな気になれない。ま、明日という明るい未来があるさ。小屋に入って宴会開始といきますか。ワイン2リットル、焼酎、ビール10本以上・・・・。出てくる出てくる非効率な荷物達。おいしい塩豚鍋とともにどんどん消化していきます。もちろんこのメンバーでは私が最初に撃沈。
お世話になった槍平冬季小屋 広くて快適(雪洞掘る労力も不要!) 利用料¥1000を箱に入れます 私以外は同じメーカーの板(珍しいのに) 板と山を眺めながらビール飲んで昼寝 誰も滑りに行こうとしない(笑)
仏壇ろうそくとけヴィ持参のにせ(LED)ろうそくで、さながらどこかのBarみたい? numanさん特製の塩豚鍋 完璧据え膳でした あまりに美味しすぎて自分でも作った
<2日目>
昨日酔う前に時間等決め、たっぷり睡眠。気温はかなり高いが、快晴とまではいかない高曇り。標高の高い場所の雪が緩むか心配だが、黙々と登る。やっぱり荷物が軽いと違うね~。復活のk-boさんも足取り軽く登ってます。帰りのデブリーランド通過の時間も考え、ドロップ時間を12時と決めて飛騨乗越手前2900mくらいでドロップ。槍の穂先はまた今度。最初はカリカリでどうしようかと思ったけど、とりあえずエッジは噛むし、大展望の中滑るのはかなり気持ちいい!大きく大きくターンしようと思っても、広い飛騨沢の中自分のラインなんてホントちっぽけ。
あっという間に小屋に到着。は~、楽しかった。この1時間弱のために合計11時間2000mも登ったんだなー。これから先の帰り道を考えるとゾッとするけど、とりあえず乾杯!そして、デブリーランドへ。時間はかかったけど、終わってしまうと「行ったぞ」という充実感と何ともいえない寂寥感。滑りの効率の悪い山行だけど、きっとまた行くと思います、私。いつかパウダー当ててみせるぞ!!
寝不足解消され、荷も軽くなり、いざ行かん!目指す稜線はまだ見えない rider:numan 高度感が出てきた 雪がやわらかくなるためにも日差しが欲しいところ
飛騨沢上部2500mくらい 広すぎて視界がない日は夢遊病必至ですな rider:k-bo 飛騨乗越直下 気持ちよさそうに見えるけどカリッカリ!「こわ~」と叫びながらターン rider:けヴぃ
こ~んなに広いところに私達だけ!いつかは向こうに見える双六方面にも行きたいな rider:numan 中下部はナイスザラメ&バンクの連続♪当て込み放題です rider:numan
すごいロケーションを滑ってるんだなー この飛騨沢を怪我からの復活戦に選んだk-boさん 気持ちよい滑りはつかの間 帰りもデブリアトラクションが待っている~ 果敢に攻めるけヴぃ
時には板をはずして歩くことも こんな時スキーの方がいいなと思うのだ 林道もあまたのデブリ越え 3月の高温の影響かな もうすっかり春山の気配

Thanks:numan、k-bo、けヴィ

 snowboad10:開拓の山

この日この人が現れなければ登れなかった!救世主ポントゥーン乗りのヒデさん   
一回書いたのに、PC不慣れな扱いのためオジャンになった(涙)そのまま写真放置するのももったいないと一発奮起してまた書いてみた。

【3月9日】S天狗~Y沢
雪山仲間が次々に戦線離脱・・・(という程大げさでもないけど)。この日はヒコマサと私の2人しか集まらない。どうせならと行ったことのない山に行ってみようと、2人の実力でも行けそうな山を各々いろいろと探してみる。人の多そうな白馬は却下。雪山講習会の時に見た美しい爺が岳や鹿島槍が魅力的だけど、日帰り山行ではとても稜線までは行けそうもないし、行ったところで私が滑れるわけない。しばらく地形図とにらめっこ。そうすると浮き上がってきた爺の手前のよさげなピーク!きっと眺めがよいだろうな♪爺が岳スキー場から行けそうかな、誰か行ったことあるかな。そう思えばすぐググれるネット社会は便利ですね~。当初私が思ってたほどお気軽な山ではなさそうなことがすぐ判明したけど(標高差1000m以上、急な登り多し)、決行を後押ししたのは、知り合いのまんまがS天狗のシュートを滑ってるレポが載ってるサイトを発見したから。ソッコー連絡して状況を聞いたよ。まあ、まんまのノリで「全然ヨユーだよ」と言われても、イマイチ疑心暗鬼だけど(笑)とりあえず、時間を決めて行けるところまで行こうとS天狗に決定!

ヒコマサと爺が岳スキー場の駐車場で合流して、早めにハイクを始めるが、ずるずるの雪の登りにかなり手こずる。体力消耗しすぎ・・・。少し登ったところで早くも諦めムード漂い始め、小休止しているとスキーヤーが一人登ってくるのが見える。「こんなマイナーな所に来るなんて物好きだね」「あれ、若い人みたいだよ、もしかして知ってる人だったりして」・・・知ってる人でした(笑)「私達もう諦めムードで休んでるんですよー」「いや2000mまでは行けるだろー」ヒデさんに会ってガゼンやる気になったのと、極太ポントゥーンのトレースで断然歩きやすく(ちょうどスノーシューの幅くらいなんだよね)、ペースが上がる。急登のラッセルが続くこの尾根では、ポントゥーンのトレースなしで登るのはキツかった。ヒデさんありがとう!

2000m近く。ヒデさんは私達が目指すピークより奥のコルに向かって歩いている。雪のよさそうな北面を狙っているみたい。私達の前のピークに向かう道はいよいよ切り立って来たし、雪は固いし、アイゼンなしではちょっと怖い。かといって今いる位置から雪庇を乗り越えて予定のシュートに入り込むのは、私の実力ではムリ。落ち着いて地図を見て、そして今まで集めた数々の情報を統合して、見えている斜面を滑ってY沢に下りて、登って来た道に合流しようと判断した。Y沢からはヒデさんも一緒のルートだし、安心。無線に先に滑り始めたヒデさんの「雪いいよ!」と声が入る。私達のいる斜面もそうだろうか、ピットチェックして慎重にドロップ。「気持ちいい!」雪質といい、斜度といい、木の間隔といい、眺めといい。全てがちょうど私に合っていた。グレイト!!心配したY沢も登りのトレースに合流するまで割れることなく、デブリ跡もなく、快適に滑ってこれた。

感激、会心の山行。自分で地図を見ていろいろ調べたり、想像したり。実際山に入ってもいろいろ考えて。「連れて行ってもらう」のではなく、「自分で行動」した価値ある日だった。天気すこぶるよかったし!白馬に100人以上が入山したという日に私達以外誰もおらず、山独り占め♪そう言ってもヒデさんに会わなかったら登れてないのが、まあ私らしいということで。

急でやせてる尾根は雪がずるずるで登りづらい
振り返れば・・・ 大町の町並みと八ヶ岳~南アルプス 真ん中にうっすら富士山が見える!
ドドーンと真っ白な爺 「抜けるような青空」ってこんな感じを言うんだろうな 人間がちっちゃく見える 何にも聞こえない山の中 rider:ヒコマサ

ドロップイン!予想外にいい雪&いい斜度 rider:ヒコマサ
ボトムの沢は快適な天然パイプ 思わず2人でガッツポーズ

 てれまくりとスキーデビュー

banya craftの板に乗る久々再会SHOKOちゃんとbanya専務のmakko  
白馬乗鞍スキー場でてれまくりというイベントが開催された。周りにテレマーカーも多くて、あのスライドの魅力は何なんだ!?と思っていたし、プロの滑りを見れるってことで、のこのこと出かけて行った。
会場は試乗するテレマーカー達で異様な賑わい。関東~関西のテレマーカー皆ここにいるんじゃないかと思うくらいの人数。スキーもまともにやったこと無いのにテレの試乗もどうなの?股がさけるかもよ!と自問し、本日はアルペンスキー練習日と決定。いつか山にスキーで行くのが目標。やっぱりでっかい山にはスキーの機動力が魅力だもん。
試乗の板でかっ飛ばすテレ屋達のお祭り雰囲気を横目に見ながら、インストラクターmakkoについておっかなびっくり斜面を下ってみる。片手で数えるくらいしかやったこと無いけど、ワーワー言いながら何とか滑って下りられる。もしかして、私ってスキーセンスあるかも??←かなりおだてにのりやすい(笑)でも、太ももパンパンです。

来シーズンは本格的にスキーしようと決意。スキーヤーの皆様、ご教授よろしくね。そして、決意が揺るがぬように板をオーダー!banya craftのファットスキー紫色(ハンドメイドなので色は自由なのだ)。banyaの板は超軽いのです。形もユニーク、乗り心地もグッド(らしい、マニアな人の間では)。興味ある方随時試乗できるそうでーす。

イベント会場でいろんな人に再会できて、それだけでも収穫あったな。

« | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。