Mizuho's Diary

~MTB、山登り、Snowboad、いろんなことにチャレンジ!記憶を記録するブログ~

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 はしご

お祝いごとって続くものです。
まさにハシゴ。

まず、バスケ仲間の結婚式二次会。
バスケには最近全然行けてないし、仕事の都合で山梨を離れた仲間も多いから、
皆に会うのは久々だー。ワンピース着るのも久々(着ようとしてたパンツがきつかったとも言う...)。
幸せそうな仲間の顔を見て、私もハッピー♪料理もいっぱい食べられたし。

これを皮切りに、私の結婚式参列耐久レース?が始まるのだ!!
11月5週のうち4週って、周りがハッピーすぎない!?
とりあえず、肝要 胃腸調整&肌+体型管理。

次は、高校部活後輩の健ちゃんがハセツネ(山岳耐久レース)優勝したもんで、
その祝賀会in ELKに参加。
DSCN3708_convert_20081019231439.jpgDSCN3709_convert_20081019231516.jpg
2400人も参加、72キロという凄まじい大会、まさか後輩が優勝するなんて!
72キロも走って数分しか差がつかないトップ争い。
すげ~、凄すぎるぞ!健ちゃん。
7時間半て私はオンロード走っても絶対ムリ!!
以前彼に「甲斐駒黒戸尾根日帰り」誘われたけど、うっかり行かなくて本当によかったよ。

とにかく、健ちゃんお疲れさまでした。
私も何か頑張らなくちゃなぁ。

 デートスポット?

20081013172537.jpg
成田空港に来ています。
車で来るの初めて。

我らがアイドル、フッシーのお迎えです。
2年のブランクを感じさせないしゃべりです。
20081014201044.jpg
体型も肌の色も着ているものも何ら変わっている所が無く、
先週も一緒に遊んでいたかのような感覚。

その後展望デッキで飛行機見学。
空港で働く人たち、ご苦労様です。ミスが許されない職場って心労すごいだろうなぁ。
それにしても空港には何でもあるね!今回お風呂も空港で入ったよ。

よし、これから頑張って首都高帰るぞ!

 祈り

今日は9・11。
こんな大きな事件でなくても日々世界のあちこちで戦火があがっている。(らしい)
大きな災害に遭っている人もいる。(ようだ)
実際に見聞きしたわけでは無いので、どうしてもひとごとになってしまう。
私はのほほんのん気、自分はとっても恵まれていて、自分のこと以外に無頓着すぎる。
でも頓着したからって世界のどこかで理不尽な被害に遭っている人達のために
何ができるのか、って考えると何にもできない気がする・・・。

ただ、無駄をなくしてシンプルに生きようと思う。
マスコミの報道や人の意見に流されずに、自分で色々考えようと思う。
それだけだけど。
20080911200548.jpg
今日は午後からお腹が痛くなる予定でこのイベントに行こうと思っていたのだけど、
世の中そんなに甘くなかった!(←当たり前)
行けなかった代わりに自分の部屋でキャンドルナイト。
世界地図の前でいっちょまえに平和を祈ってみた。
特に戦争が無くなるように、かな。

・・・その後、あまりの心地よさにそのまま寝てしまいそうになり慌てて消火(汗)
自分ち火事になったら元も子もないもんね。

 なるようにするしかない

20080805201320
大雨の影響で松本駅大混乱。
やっと動いた列車で茅野までやって来たけど、
この先のことは全く不明。
てんやわんやだった松本に比べ、
茅野は何だかまったり。
今日中に大月まで帰れる気配薄だけど、
ま、非常食も寝袋もあるし、気長にいきますか。

 渋い

20080801233626
上野です。

移動好きな私だけど、初めて乗る電車。
楽しみ!!
鉄ちゃんもいっぱいいます。
「いーなー」って言われちゃった。
....私は寝てるだけだと思うけど。

行ってきま~す!

 怖くて

寝れない。

続けて、地震が起きた。
私の住んでる所が震源のよーだ。

ニュース速報見たら震度3。
体感的にはもっと揺れてる。建物がボロイからか!?

キャンプ道具押入れから出しておこうか・・・。
外に出れる格好に着替えた方がいいのか・・・。

とりあえず、安眠させてください!お願いします。

 連続

別件で偶然にも二週連続、かかあ天下の町、群馬高崎に行った。
少し話をした何人かの夫婦はみんな女性が年上だった。しかも、かなり年の差カップル。
やはり天下のかかあ天下!!
これで、家庭内うまくいってるのねぇ。
そして、群馬県民みな上毛かるたをほぼ暗唱できる。何で!?

観光しようと思っていた日は土砂降りだったので、
山田かまち水彩デッサン美術館にだけ足をのばした。

知ってる人は多いと思うけど、17歳の時に自分の部屋でエレキギターの
練習してて感電死してしまった人。
私がちょうど17歳の時に「17歳のポケット」が発売されて話題になった。
どんどん増えていく本、引っ越す度にかなり処分するけど、この本はずーっと持ってた。
何でだろ?と自問したら、ああそうだ、その時好きだった男の子にもらったんだった!
ずっと読んでなかったけど。人から頂いた本は手放せませんね。

彼の作品は、10代の若者が見れば共感する部分が多いでしょうね。
OVER30の皆さまは、かまちの熱い気持ちをつづった詩を読むと、
「あ~、私にもこんな時期あったな」と感慨にふけることでしょう。
同じ思うにしても、形に残ってるというのは良いものだな。

« | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。